阪急沿線住民の戯れ言


とある大阪の猛牛軍団
by sherpa_kl250
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2016年 07月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
青春18きっぷの冬期利用..
from 「ま、それはさておき。」
梅小路鉄道博物館だって
from 「ま、それはさておき。」
ガメラ:深海獣零号(レイ..
from ガメラ医師のBlog
平野恵一
from あわおこしにっき
アジアシリーズについて最..
from よし君のニュース日記
女子バレー フジテレビ関..
from 女子バレーボール 多治見麻子..
上岡龍太郎
from いま人気のコトバとは?
横山ノックさんに70人最..
from 最新芸能ニュース速報
人生が変わる
from たった1日で
キャッチボール屋
from DVDジャンル別リアルタイム..
リンク
アユタヤ 旅行

タイの旅行情報
タイの旅行情報
ライフログ
その他のジャンル
TEST
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2013年礼文桃岩荘

すでに10月で、時期も空いてしまいましたが、
9月の3連休に1日有給をくっつけて
礼文島の桃岩荘に行った時のお話。

今年から休みのシステムがかわり、
休みが取りづらくなった上に、
仕事の繁忙期に無理やり休みを申請したので、
1日しかもらえず、島2泊+トワイライト1泊という行程で移動。
休みがとれただけでもよかった、という状態で
本当に無理やり休みを1日ねじ込みました。

で、すでに記事にしましたが、帰りのトワイライトで
台風のための大遅延を経験しました。

さてさて。

桃岩荘は今回が4回目。
夜はミーティングで騒がしいですが、
宿の最果て感と昼間のまったり感が好きで、
「なにもしないことをしにいく」
という目的で島を訪れています。
トワイライトに乗って渡道するのも、もはやこの時期の定番行事。
そして、去年桃で知り合い、
「絶対にヘルパーしない」
と皆の前で豪語していた人が港で旗を降って
出迎えてくれたのは笑いました。

9月の礼文島は、観光シーズンも一息ついて、
少し人気の引いた、物静かな雰囲気を漂わせており、
その雰囲気ともう悲しげな空気感が好きで、
トワイライトを使って渡道して礼文に渡るのが
最近の夏休みの過ごし方になっています。
特に、宿から見る海が好きで、
風と波音以外に何も雑音のない場所で、
ただたんにボケーッと海を眺めると
時間を忘れて実にホッとできます。

さてさて。

今年の桃岩荘は9月というのにやけに
YHにはあまり似合わない若い女性が目立ちました。
最近のYHで若い女性を見返ることなどかなりレアな状況ですが、
TVで紹介されたり、Youtubeなどでのお見送りを見て
泊まってみたいとやってきているようです。

その人達は2泊して8時間歩いて、とっとと帰るわけですが、
そういう人たちが桃にハマってくれたらな、と思います。
9月は常連さんで固まる時期らしいですが、
その常連さんの年令もかなり高くなっています。
おそらく、ワタクシ世代はまだ「若い」方に
分類されてもおかしくないくらいです。

施設も時代遅れなところもあり、
好き嫌いのハッキリ別れる宿ではありますが、
ここらへんで若返りを図らないと、
桃岩荘であっても、先細りになるんではないかと思います。
でも、桃は桃でいまさらあのスタイルは崩してほしくないし、
崩すべきではないと思います。

だって、それが「桃岩荘」だから。

決して丁寧で洗練されたスタイルではありませんが、
旅人を精一杯迎え入れるその気持ちはどんな宿よりも優っています。
男ヘルのハイテンションと女ヘルの和やかさと癒やし。
初めて桃で島抜けする帰りの船で、
圧縮弁当についてた女ヘルさんのメッセージ見て泣きそうになったし、
去年、岸壁を走って見送ってくれた男ヘルさんと常連さんの
その姿にも泣きそうになりました。


あのノリでいつまでもいつまでも、
旅人を迎え入れてほしいと思います。
年齢層が高まった常連さんも、一歩引いて、
若者批判や排他的にならず、若い人に桃の精神を伝えていってほしいと思います。

ま、桃岩4回目のペーペーがいうことではありませんね。

なんだかんだ偉そうなことを言いましたが、
単におっさんばかりの宿よりも、若い女の子がいたほうが
楽しいなーという、単純な下心です。

さ。

来年は桃岩に行けるかなー。
お金よりも時間のほうがシビアになってるから、
桃岩の営業中にまとまった休みをとって、
ノンビリと過ごしたいです。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2013-10-06 23:29 | 旅ログ
<< 北陸新幹線の名称決定 台湾高鐵Nゲージ >>