阪急沿線住民の戯れ言


とある大阪の猛牛軍団
by sherpa_kl250
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 07月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
青春18きっぷの冬期利用..
from 「ま、それはさておき。」
梅小路鉄道博物館だって
from 「ま、それはさておき。」
ガメラ:深海獣零号(レイ..
from ガメラ医師のBlog
平野恵一
from あわおこしにっき
アジアシリーズについて最..
from よし君のニュース日記
女子バレー フジテレビ関..
from 女子バレーボール 多治見麻子..
上岡龍太郎
from いま人気のコトバとは?
横山ノックさんに70人最..
from 最新芸能ニュース速報
人生が変わる
from たった1日で
キャッチボール屋
from DVDジャンル別リアルタイム..
リンク
アユタヤ 旅行

タイの旅行情報
タイの旅行情報
ライフログ
その他のジャンル
TEST
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

さようなら交通科学博物館

本日、交通科学博物館閉館。
e0050226_22145091.jpg

天橋立でお花見をして、朝の特急で大阪へ。
沿線火災で環状線ストップという事態になってましたが
地下鉄で弁天町へ向かうと、なんと大行列。
交通科学博物館に入場するのに行列するの初めてです。
30分くらい並んでようやく入場。
e0050226_22161869.jpg

交通科学博物館へのメッセージが壁一面に。
ああ、本当に終わってしまうんだな、と。
鉄道車両は何度も見ているし、
そもそもどこもかしこも人だらけなので車両を見れません。
いつも「お約束」の遊びをするパタパタ動くフラップ式の
駅の列車案内装置も大行列ができているくらいでした。

で。

今日は、鉄道博物館へ収蔵されないであろう品々を見て回りました。
なかなかすごかったのがロケットエンジン。
e0050226_22185514.jpg

こちらがメッサーシュミットMe163のエンジン。
分かる人には「秋水」のプロトモデル、といったほうがわかるかも。
第2時大戦中のロケット戦闘機、しかも「ドイツ」製の本物です。
そしてもう一つがベルX-1エンジン。
e0050226_22215416.jpg

こちらは完全にノーマークだったんですが、
世界ではじめて音速を超えたロケット航空機に積まれたエンジンで、
説明書きを見ると、実在するのはアメリカのスミソニアン航空宇宙博物館と
ここ、弁天町の交通科学博物館だけらしいです。
調べてみると、このベルX-1を見るためだけに外国から
交通科学博物館に来る人もいたんだそうです。
それくらいのとんでもない貴重品ですが、鉄道関係のものではないために、
新しい鉄道博物館には収蔵されないらしく、
交通科学博物館閉鎖後の処置に困っているんだそうです。
ここの企画展でも説明されていたんですが、
鉄道よりも「交通」の科学的側面からとらえた博物館として
スタートしたために、航空関係の資料がかなり充実しているらしいです。
言われてみれば、昔から航空機のスペースが結構広く、
なるほどな、と思いました。
(過去にはDC-8のモックアップまであったそうです)

鉄道博物館となのるから鉄道関係しか収蔵展示しない、というのは
実に了見が狭く、航空関係の資料もさらに充実させればよいのに、
と素人考えでは思ってしまうんですが、JRが経営するんだから、
航空機に比重を置けないのかなと大人の事情があるのかもしれません。
(展示物に「所蔵:鉄道博物館」と書かれているものもいくつかあり、
 神田の交通博物館閉館時にこちらに移ってきたものと思われます。)
また、ここに収蔵されている自動二輪車やミゼットなどの
軽自動車なども産業遺産としてかなり貴重な収蔵品だと思いますが、
こういったものもいったい何処へ行ってしまうのか気になるところです。

さて、交通科学博物館最後の企画展として、
過去の展示品を振り返る企画展をやってました。
e0050226_22284170.jpg

ここで驚いたのが、かつてが「EF58」や0系新幹線のレプリカモデルが
展示されていたそうです。
583系や20系のレプリカが存在したのは知っていますが、
EF58や0系新幹線のレプリカまで存在したとは。
レプリカモデルは、151系を除き、現在はすべて破棄されているらしく、
実にもったいないことをするんだなと思います。
博物館が展示品を破棄するということがあるというのも
かなり衝撃的な事実でした。
オレンジ色の会社も博物館入りしていた300系を解体したから、
鉄道会社に取っては歴史的価値はどうでもいいのかも…。


人の多さにクラクラし、16時すぎには撤収しましたが、
閉館時間が迫っても人は減ることなく、最後の最後まで賑わってました。
e0050226_22364695.jpg

最後に。
この0系新幹線、どうやってこの建物から運び出すのか疑問です。
搬入の際は、増築まえの場所に車両を搬入したのちに建物を
増築したそうですから、まさかその逆の手段で運び出すのか。
車両を無傷のまま建物を壊すことなどできるんだろうか。
壁に大きな穴を開ける場合でもEF52が邪魔してるような気がするし、
まさかEF52はここで解体?

などなど、疑問は募るばかり。

京都の鉄道博物館が開業するのが2016年の春。
再来年までしばらくこれらの車両とはお別れですが、
食堂車を使ったレストランや、貴重な車両に入れるミュージアムツアーなど、
交通科学博物館の展示方法やイベント等は引き継いでほしいと思います。
特にマロネフ59の車内に入れるというのは実はすごいことで、
日本で唯一、一般人が車内に入れることのできる「皇室用車両」ですから、
ぜひとも新しい博物館でも行ってほしいイベントです。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2014-04-06 22:46 | 戯れ言
<< 三宮発近鉄特急 福知山10時46分発特急こうの... >>