阪急沿線住民の戯れ言


とある大阪の猛牛軍団
by sherpa_kl250
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 07月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
青春18きっぷの冬期利用..
from 「ま、それはさておき。」
梅小路鉄道博物館だって
from 「ま、それはさておき。」
ガメラ:深海獣零号(レイ..
from ガメラ医師のBlog
平野恵一
from あわおこしにっき
アジアシリーズについて最..
from よし君のニュース日記
女子バレー フジテレビ関..
from 女子バレーボール 多治見麻子..
上岡龍太郎
from いま人気のコトバとは?
横山ノックさんに70人最..
from 最新芸能ニュース速報
人生が変わる
from たった1日で
キャッチボール屋
from DVDジャンル別リアルタイム..
リンク
アユタヤ 旅行

タイの旅行情報
タイの旅行情報
ライフログ
その他のジャンル
TEST
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2013年 10月 19日 ( 1 )


風立ちぬ

最近、深夜アニメを見だしたせいなのだろうか、
映画に行かなくなった。

というか、なんだかもう土日は動きたくないという
気分が勝ってしまい、引きこもってしまうのが
原因なのかもしれない。

さて。

そんな中、「風立ちぬ」を見に行きました。
ジブリの映画なんて「もののけ姫」以来のような気がする。

で、その感想はというと。
全くお話に入れない駄作
でした。

何がって、もう声優が下手すぎなんですよ。
主人公の声だけが明らかに「浮いている」んですよ。
下手とかそんなんではなく、
主人公の声だけ、本当に物理的に「浮いて」聞こえるのです。

つまり、映像の中の人がしゃべっている声なのに、
それを映像の中の人の声として頭が認識しないため、
主人公を主人公として追っていけないのです。

なんか、そこだけ、隣の席のおっさんが喋ってんのか、
という感じに聞こえるのです。

ジブリの映画は声優を使わないというポリシーがありましたが、
それでも演技や発生を全く学んでいないずぶの素人を
主役の声として使うか、という感じです。

素人を主役にする、という映画はありましたが、
その場合、それが明確な意図を持ち、
「映画の味」として料理されていましたが、
今作の場合、なぜ主役の声優が素人なのかという明確な意図が無いわけで、
だから、当然ながら、上手く料理されるわけがありません。

映像は綺麗だし、戦闘機の音もしっかりあててあるし、
お話の構成もすごくよく出来ているというのに、
主人公がそれらを完璧なまでに破壊し尽くし、
この映画を駄作に陥れています。

もし、プロの声優。
それが無理でもプロの役者を使っていれば、
もっと素晴らしい映画になったことは間違いないと思います。

素人を主人公の声優にしよう、と言い出したやつ、
いますぐこの映画を作ったアニメーターに謝れ、
と言いたいです。

現場がものすごいクオリティを求められ、
それに答えるタカチでアニメーターさんは仕事をしているのに、
声優の主人公にすべてをぶち壊されるなんて、
はっきりいってたまったもんじゃないと思います。

いかに絵を描く「現場」を軽く見ているか、
お金を動かす側の人の考えがわかって
自虐的に楽しかったです。
また、これだけひどいと認識でき、
話のネタになるのだから、それはそれでよかったのなか、と。

でも。

これだけひどい演技なのに、映画自体そこそこ興行収入もよく、
ロングラン上映しているということは、
一般の人にしてみれば、それほど気にならなかったのかな?

おまけ。

この映画、鉄道のシーンが出てくるのですが、
昭和に入っても客車がマッチ箱だったり、
出てくるSLのほとんどが8620型だったり、
そして、8620型がなぜか五室弁式の汽笛だったり、
(五室弁は「ボォー」と少し低音気味の汽笛。
 8620は三室弁と言って「ポーッ」と高めな音の汽笛。)
さらにドイツのSLまでもが日本のSLと同じ汽笛だったりと、
鉄としては突っ込まざるを得ないシーンもありました。
ま、客車はデフォルメされているわけだし、
お話と全く関係ない部分なので、これはこれで気にしないで起きましょう。

声優の演技が良かったら、それくらい水に流せたのになぁ…。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2013-10-19 23:16 | 映画な話