阪急沿線住民の戯れ言


とある大阪の猛牛軍団
by sherpa_kl250
カテゴリ
以前の記事
2016年 07月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
青春18きっぷの冬期利用..
from 「ま、それはさておき。」
梅小路鉄道博物館だって
from 「ま、それはさておき。」
ガメラ:深海獣零号(レイ..
from ガメラ医師のBlog
平野恵一
from あわおこしにっき
アジアシリーズについて最..
from よし君のニュース日記
女子バレー フジテレビ関..
from 女子バレーボール 多治見麻子..
上岡龍太郎
from いま人気のコトバとは?
横山ノックさんに70人最..
from 最新芸能ニュース速報
人生が変わる
from たった1日で
キャッチボール屋
from DVDジャンル別リアルタイム..
リンク
アユタヤ 旅行

タイの旅行情報
タイの旅行情報
ライフログ
人気ジャンル
TEST
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧


ぶわーっと言いたい放題

遠野関西組の姉御衆の3人でお好み焼きを食いにいく。
とにかく、みんなそれぞれに不満ストレスがあるようで、
ぶわーっと言いたいこと言いまくり。
熱く語るというよりも、もうなんでもいいから好き勝手しゃべったれ!
ってな感じ。話の展開てんでバラバラ。

ユース新聞通信員との食事とも、大学時代のツレとの食事とも
まったく違ったノリの、楽しいグチリあい大会(?)でスッキリしました。

カラーとノリの全く違ういろいろなグループと付き合いがあると、
それぞれでいろいろな話が聞けてオモロイもんです。

それにしても、みんな明日仕事やのに、パワフルだこと。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2005-08-29 01:10 | 戯れ言

仙一さん

星野仙一よ、巨人へ行くのか?

そんなことしたら、大阪の街歩けへんようなるぞ。
中日ファンを裏切って、阪神ファンまで裏切るのか?

中日やめた時はゴタゴタあったんで、そのどさくさみたいな形で
阪神に入ったのは仕方ないとして、巨人にだけは行ったらあかんやろ。

アンチ巨人のヒーローやないか。だからかっこ良かったんやないのか。
ワタクシは、仙一さんのかっこよさに惹かれてドラゴンズを
応援したこともあったんやぞ。

「シマとホシを言い間違えたんじゃないの?」
そんな言葉を吐いて巨人を目の敵にしたのは誰や。
その恨み、忘れたのか。

巨人なんか行くんじゃない、仙一さん!
考え直せ、仙一さん!

だから、だから、
行くならせめて楽天にしてくれ。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2005-08-26 02:32 | 野球な話

阪急電車の色

阪急電車の色。

ワタクシはずっと「マルーン」って言ってるんやけど、世間では通用しないようだ。
「阪急電車の色は?」
って聞くとほとんどが小豆色とか赤茶色とかって答える。
「マルーン色」って言ってる人はほとんどいない。

いや、あれは誰がなんと言おうと「マルーン」だ。
阪急電車のカレンダーはワタクシが子供の頃から「マルーンの疾風」だし。

・・・。

どうやら、鉄道好きや、阪急電車ファンの間でしか通じないみたいだ、
「マルーン」って言葉。
もし、身の回りに「マルーン」って言葉を知ってる人がいたら、
その人は間違いなく鉄道好きか阪急電車ファンです。
JRの新車がすべて台所の流し台みたいな金属質の電車になっていくのに、
阪急電車は最近の新車でもマルーン。やっぱり阪急電車はあの色でないと阪急でない。

でも、実際はなんと言う色なんでしょう、あの色?

ちなみに、阪急のマルーンの赤みをもっと強くすると
一色塗りだった昔の近鉄電車の車体色になるそうだ。
だから近鉄も「マルーン」というらしい。
へぇ〜。知らんかった。

ちょっとした雑談で気になったので書いてみました。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2005-08-25 02:27 | 戯れ言

阪急ブレーブスが残してくれたもの

ワタクシは何食わぬ顔して、バファローズファンなんて言ってますし、
さも昔からの熱狂的な近鉄ファン、みたいなふるまいしていますが、
実はその昔、阪急ブレーブスのファンだった。
けど、熱狂的な阪急ファンではなく、野球見るなら「阪急」ってな感じのライトなファン。
阪急沿線に住んでるんだから、そりゃ自然と阪急と名のつくものに親近感を覚える。
「阪神」なんて言われても、肌色と赤の電車しか浮かばないし、なにより、阪急と阪神の
車両を比べたら、阪急の方がスマートだしかっこいいいし、梅田まで出ないと乗れないし、
なんでわざわざ「阪神」応援するの? ってな感じ。
阪急がオリックスに身売りしたのは1988年。その発表は10月19日。
そう、近鉄が川崎球場で死闘を演じていたときだ。
当時「4時ですよ〜だ」を見てて、臨時ニュースが入り、ダウンタウンの二人が
「阪急が売却されるそうです。このあと特番になります」って言ったのを覚えている。
「えっ? 南海の間違いじゃないの?」って何度も思った。

でも、それは本当だった。
売却先は「オリエントリース」

「阪急がなくなる!!」
中学生ながらにかなりの衝撃を覚えた。新しいユニフォームは青と黄色。
違和感ありまくりだった。新生ブレーブスは阪急時代のパワーを継承していたので、
それなりに強いチ−ムだったが、阪急時代からの「中途半端」さは
どうしても払拭できなかった。数年後、ついに「ブレーブス」の名が消えた。
そして、ブレーブスへの興味はなくなった。

その間、星野仙一の得体のしれない「かっこよさ」に引かれてドラゴンズを
応援していた時期もあったが、そんなとき、近鉄に出会った。

昔から面白いチームだと思ってたのは確か。「10.19」の翌年の近鉄は強かったし、
勢いがあった。オリックス・西武とのとんでもない優勝争いを勝ち抜いて優勝したときは
「ああ、近鉄ってすげぇ」って思ってた。
そんな近鉄も、TVで見るとパリーグの「イロモノ」として扱われているし、
なんかどんくさいけど、一生懸命がんばっている。なにより、帽子のデザインが
「岡本太郎」って知ってから、急速にバファローズに気持ちが傾いた。
そして、決定づけたのが大学進学。通学で近鉄南大阪線を利用するようになってからだ。
毎日見る藤井寺球場。試合のある日は急行が藤井寺に停まり、三色帽をかぶったおっさんであふれかえる。あべの橋駅には試合速報掲示板があり、ここで試合経過を見れた。
近鉄のプレイではなく、近鉄の持つ雰囲気に惹かれた。自然と近鉄ファンになった。

そして2004年・・・。
近鉄はパリーグを守り、散華した。
ワタクシにとって、ひいきのチーム2度目の消失。

悩んだ。

でも、球場に行ってみると、やっぱり野球は面白い。
応援団もがんばっている。外野自由席の面白さも知った。
もう、あんな気持ちは味わいたくない。

だから球場に行く。
阪急がなくなったときよりも抵抗なく、新・オリックスを応援できるようになった。

もし、阪急ブレーブスがなかったら、ワタクシはプロ野球を知らなかっただろうし、
阪急ブレーブスがなくなったときのショックがあったからこそ、
今回の騒動も乗り越えることができたのかもしれない。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2005-08-24 02:11 | 野球な話

パリーグファンとして

今日も大阪ドームへ行ってきました。
今日はユース新聞通信員のメンバー5人が同行。試合は負けたけど、
みんな騒ぎたいっていうから、立ち席覚悟で下段外野自由席へ。
立ち見でずっと大声あげて応援してました。試合は日ハムのリーにまったく歯が立たず
ぼろ負け。下段外野自由席にチャンステーマが1回も流れない、完全な負け試合でした。

ああ、それにしても、昨日のTさんとIさんといい、今日のメンバーといい、
パリーグ見に行こうと誘ってポジティブに反応してくれるなんて、
今までパリーグファンやってて初めて。
でも、連れてったのはいいれど、どうすればいいのだ。
変にさめた球場の客席。外野自由席の一角だけが異常にもりあがっている光景。
千房お好みタイム。神戸シーガルス。DJみたいなアナウンス。
そしてセリーグファンには無名の選手たち。
すべて阪神が基準の関西人の野球知識から、どうバファローズを説明すればいいんだ。
連れてってはみたけれど、球場でエライ悩んだ。で、結局一人で楽しんでたし。
それでも、球場でたのしんでくれた、
Tさん、Iさん、Aさん、Nさん、Oさん、Hさん、Mさん、
ホンマにありがとう。

「野球見に行こう」って誘うと、必ず「阪神」って単語が帰ってきて、
「近鉄」っていう単語を出すと、吐き捨てるように「けっ、パリーグかい」って
男女関係なく、必ず言われた。

それならまだいい方。

「近鉄? 社会人野球?」
「だれが好きこのんでパリーグ行くねん」
「野球やったら阪神が常識やろ」
「パリーグ? マニアやなぁ〜」
「なんでオープン戦みたいな試合見にいかなあかんねん」

これ、すべて、実際に言われた言葉。

阪神ファンならそれでいい。セリーグしか知らないならそれでいい。
でも、パリーグのファンやってるって言うだけでそこまでボロカスに言うのはやめてくれ。
そんなこんなで、自然とセリーグなんかどうでもよくなったし、
一人で好きなもん好きなように見ればいいと思った。
世間で野球の話なんかしないでおこう。
パリーグファン、なんていったら何言われることやら。
阪神の選手もけっこう面白いのいるんやけど、
下手に選手の名前出すと、皆熱く語りだすので、ついていけない。
だから、阪神と聞かれればジェットカーの話です。

阪神ですか?
普通電車の加速が異常に速いんですげぇですね。
あ、春日野道もすげぇですね。

それだけです。

去年の合併騒動で、世間のパリーグの見方がかわった。
悲しい形ではあるものの、ようやく、世間の目がパリーグに向いた。
ようやく、人前でパリーグファンです、と言えるようになった。
近鉄バファローズが、自らの命と引き換えに世間の注目を集めさせ、
守り抜いてくれたパリーグ。
関西では阪神中心であろうとも、近鉄のにおいがなくなろうとも、
経営者の理念が納得いかなくても、まんまオリックスやと思っても、
唯一残った関西パリーグ球団、オリックスバファローズを応援し、
パリーグのファンであり続けること。それが、消えてしまった
近鉄バファローズへのせめてもの弔いなのだ。

とりあえず、今年の目標はプレーオフ進出。
縦縞のチームとの大阪決戦、そして日本一。

あれ、なんかの歌にこんな歌詞あったなぁ。まあ、ええか。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2005-08-22 01:02

今日も野球漬けの1日

今日もなんだか野球漬けの1日。

午前中は仕事だったものの、ラジオを持ち込んで高校野球を聞く
準備は完了。あとは13時からの打ち合わせをいかに短く切り上げるか、だ。
で、打ち合わせは結局15時前に終了。急いで自席に戻ってラジオのスイッチを入れる。
が、電池切れ。机中をあさりまくり、ゲームボーイアドバンスの電池を抜いて
ラジオに装着。試合は7回裏、駒大苫小牧の攻撃。3-5ですか。
ええ、京都外大西、負けてるんすか!?
なんか、オモロイところ聞き逃したっ!!
その後、ランナー出たものの逆転のチャンスなし。
結局、駒大苫小牧が勝利。2年連続優勝という快挙。
もう、素直に拍手するしかありません。よく頑張った京都外大西。
ここまで熱くさせてくれてありがとう!!

で、会社を早々に切り上げ、行ってきました大阪ドーム。
今日は阪神ファンのTさんとIさんが同行。
ドームにつくと、なんと、試合開始前なのに外野下段席満席!!
で、上段に登るも、なんでかしらんがその後もお客さんが続々続々やってきて、
上段も満席に。なんでなんでこんなに客がいるの?
この試合、パリーグやろ?

いや、お客さんがいるのはいいけど、ガラガラのスタンドでまったり
試合を見るのになれているので、そのような見慣れぬ光景にちょっと戸惑う。
ゲームの進行はなんかダラダラして特に盛り上がる訳でもなく、
6回に一点いれただけの地道な投手戦に。
スコアボードは「たこ焼きにつまようじ1本」状態。

うーん、これはこれで面白いのだし、萩原の力投を凝視していたのだが、
これだけでは阪神ファンの二人が満足する訳がない。
負けてもいいから、せめてバファローズの応援を味あわせてやろうと思い
9回から外野自由席下段に移動。が、そこからがすごかった。
北川が出塁。その後、ガルシア敬遠。そして大西にかわって
代打村松がサヨナラタイムリー。うわっうわっ!! って感じ。

♪スタンド熱気でパニック状態〜。

いやいや、なかなかです。
連れてった二人もそれなりに喜んでくれたようでよかった。
これで、だらだら延長戦にでもはいって、引き分けなら、
「だからパリーグは・・・」
とか言われそうでちょっと怖かったんやけど。

勝利の熱気に二人の存在をすっかり忘れて二次会に没頭。
うーん、気持ちいいねぇ、二次会。

それにしても、今日のスタメンもなんかすごい順番。
大西が1番で北川が5番。バファローズのスタメンって
あまりにも流動的。いつになったら安定するんだろうか。

明日も大阪ドーム。
今の仕事の関係で9月は休みがとれなくなりそうなので、
もしかしたら、今シーズン最後の観戦になるかも。

明日も勝つぞ、バファローズ!!
[PR]

by sherpa_kl250 | 2005-08-21 02:00 | 野球な話

はるか17

大阪桐蔭負けたよ。さすがは優勝校。駒大苫小牧。
しかし、外大西もすんげぇ試合したな。仕事中で試合は見れなかったけど、
ネットで結果だけ見たら、なんだあの点の取り方はって感じだ。

ああ、明日も仕事なかったら、家で決勝見てたんやけどなぁ。
がんばれ!! 京都外大西!!

さて、タイトルに書いた「はるか17」
空港へ行く特急ではない。今クールで一番はまっているドラマ。
深夜の時間帯なので、主演も助演もなんとまあマニアック。
ストーリーは就職活動に失敗しかかった取り柄のない女子大生(平山あや)が
なぜかアイドルになってしまい、ガッツだけで向かっていくという、
絶対にプライムタイムのおしゃっれ〜な時間帯では扱わないだろう素材。

だからこそ、個性的なキャスティングが可能なのだろうけど。
古田新太、ガッツ石松、杉本哲太。いやいや、なかなか通好みの配役。
で、いい味出てるんやね、それぞれに。古田新太なんかほとんど素やん。
杉本哲太の悪役っぷりもいい。
それに、このドラマで毎回出てくる韓流ドラマのパロディーの馬鹿っぷりといったら
もう最高なのである。深夜ドラマの手本となるような、いいかんじに馬鹿を
織り交ぜて話を盛り上げてくれている。このノリは、プライムタイムでは
絶対に表現できないやろう。

見ているうちに、平山あやもなんかいいと思えるようになってきたし。
さて、今後の展開、どうなることやら。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2005-08-20 02:38

高校野球

大阪桐蔭ばかりが注目されてるけど、ワタクシは京都外大西を応援してます。
去年は気づいたら消えてけど、今年は準決勝進出!!

京都大会の決勝までは、公立校の乙訓を応援してたけど、
やっぱり京都外大西は強い。

なんで、京都外大西を応援するのか。
それは、ワタクシが高校受験のとき、この学校を公立の併願校として
受験し、合格したからだ(受験当時は「京都西高」)。
なんで、もし、公立校落ちてたら、ここの卒業生になっていた訳だ。

自分との関わりが少しでもあると、高校野球はより熱く観戦できるね。

さて、明日は準決勝。京西は宇部商と対決。
それよりも、大阪桐蔭と駒大苫小牧。そっちの方が決勝みたいな顔合わせ。
そういや、去年の駒大苫小牧の決勝、熱かったなあ。休日出勤だったんで、
会社にラジオ持ち込んで、それ聞きながら仕事してたし。

がんばれ京都外大西! 決勝は京阪対決だ!!
[PR]

by sherpa_kl250 | 2005-08-19 01:25

野球の応援団

いろいろ使いにくい面もあるけど、軽いね、エキサイトブログ。

さて、今日はどういう訳やら頭の中で
「ホニャラララ〜ホニャラララ〜ホニャララ、イ・スンヨ〜プ」
というメロディーが頭の中をリフレイン。
土日のロッテ戦連日観戦のため、ロッテの応援歌が耳について離れない。
「ちゃちゃちゃちゃららら〜にしおかヒット!」とか
「千葉!! ロッテ!! マ・リーン・ズ!!」とか。
なかでもイ・スンヨプの応援歌が強烈に染み付いている。
おいおい、バファローズファンなのに、なんかロッテの応援団に負けてるやんけ。

いや、ロッテの応援は見てて面白い。ぴょんぴょん飛んでるし、団結してるし。
ロッテの攻撃なのに、応援団のコールに会わせて知らん間に手拍子打ってたりする。
きっとあの応援がしたくてロッテファンになった人もいるに違いない。
そういったきっかけで野球好きになっても、それはそれで「アリ」だと思う。

球場で野球を生で見る楽しさは、そのライブ感の他に、こういった応援合戦に
参加できるという楽しさもある。大声でみんなで歌を歌い、点を取ったらみんなで喜ぶ。
これはこれで楽しいし、ストレスの解消にもなる。
ちょっと知識ぶった人らが
「応援団は下劣。たんにバカ騒ぎしたいだけ。」とか
「アメリカの野球を見習え」
とか言っているのをよく耳にする。
確かにハタから見れば、たんにバカ騒ぎしているだけだし、
どこのだれとも知らん謎のおっちゃんが勝手にリードとってラッパ吹いてる。
そんなやつらに勝手に仕切られたくないわい!! とか、
静かに野球見させ!! って嫌悪感を示す人がいるのも事実。
けど、豊富な選手別応援歌やチャンステーマ。
ロッテや広島のようなスタンドが一致団結する個性的な応援。
さらにはタオルやら扇子やら傘やらいろいろ使って応援している。
やってることはハチャメチャやけど、こんな応援、アメリカにはない。

これって立派に日本独自の「文化」だと言えるのではないか。
ひいきのチームを目の前に、全身全霊をかけて応援をする。
ひいきのチームに自らのエネルギーをぶつけて爆発させる。
そして「勝つ」ことを願い、祈る。
言ってみれば、野球チームを「祭神」とした「お祭り」なのである。
祭り事が土地土地で土着文化と結びついて個性的な祭事を
行うように、野球の応援もまた、土着文化と結びつき、個性的な
応援へと自然に発展していったのだろう。
南河内の近鉄の応援がちょっと泥臭かったように、
男気あふれる広島の広島カープの応援が豪快なように、
洗練された神戸のブルーウェーブの応援がどことなくお上品だったように、
臨海新都心にあるロッテの応援が今までにない新しいスタイルだったり、
なんとなくその土地のにおいを、応援から嗅ぎ取ることができる。

それを、「アメリカがどうだから」とかの理由で否定してしまうのもどうか。
アメリカに追従すれば先進的なことではない。
アメリカはアメリカだし、日本は日本なのだから。

中にはチンピラかヤクザみたいな応援団もいるし、
静かに野球を見たいと思う人が多いのも事実。
だからと言って規制や否定ばかりせず、球団側も
うまいことバランス取りながら、お客を呼ぶ1つの手段として多いに
活用すればいいのに、と思う。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2005-08-17 00:49 | 野球な話

携帯から

携帯から投稿できるみたいなんで試しに投稿してみました。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2005-08-17 00:03