「ほっ」と。キャンペーン

阪急沿線住民の戯れ言


とある大阪の猛牛軍団
by sherpa_kl250
カテゴリ
以前の記事
2016年 07月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
青春18きっぷの冬期利用..
from 「ま、それはさておき。」
梅小路鉄道博物館だって
from 「ま、それはさておき。」
ガメラ:深海獣零号(レイ..
from ガメラ医師のBlog
平野恵一
from あわおこしにっき
アジアシリーズについて最..
from よし君のニュース日記
女子バレー フジテレビ関..
from 女子バレーボール 多治見麻子..
上岡龍太郎
from いま人気のコトバとは?
横山ノックさんに70人最..
from 最新芸能ニュース速報
人生が変わる
from たった1日で
キャッチボール屋
from DVDジャンル別リアルタイム..
リンク
アユタヤ 旅行

タイの旅行情報
タイの旅行情報
ライフログ
人気ジャンル
TEST
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧


ありがとう、仰木監督

阪神が優勝した。
阪神と言えば、今まで絶対に近鉄と公式戦で対決することのなかったチームだったので、
試合に勝っても負けてもそれほど腹立たしさもなかった。
前回の優勝のときも、そんなに気にはならなかった。
・・・が、今年から始まったセパ交流戦の影響からか、
阪神ばっかり流しているTVを見ると、どうも腹立たしい。
もしかして、「アンチ阪神」になってしまったのかも。

さてさて、どこもかしこも阪神優勝でバカ騒ぎしている関西で
仰木監督が勇退を決めた。

世間のニュースリソースとしては微々たるものだろうし、
ほとんどの人にとってはそんなことはどうでもいいことだろうけど、
この1シーズン、バファローズを見てきた人間にとっては
阪神の優勝よりも一大事だ。

70歳を越えた高齢の身にとって、監督業はかなりつらかったようで、
勇退の理由は体調面での不安だとのこと。
今年のバファローズはこの人なくしては語れないだろう。
統合1年目の今年に限れば、仰木さん以外の人が監督をやっていたら、
それこそ何をやってもファンから「総スカン」くらって
1シーズン耐えられなかっただろうし、ファンの数も今ほど多くなかっただろう。
近鉄の選手が合流したとはいえ、3年連続最下位のオリックスを
プレーオフを争えるチームにまで育て上げたのは見事。
お疲れさまでした、仰木監督。
今年のシーズンを楽しませてくれてありがとう。

さて、ワタクシ的には梨田さんに次期監督になってほしいと
昨日のブログでも書いたけど、ブログなんかをいろいろ見ていると、
以外と山田久志さんをあげている人が多かったが、これにはなるほどと思った。

阪急の名投手、山田久志さんなら、ピッチャー不足で悩んだ
Bsの投手陣を立て直せるかもしれない。
今シーズンの後半戦で頻発していた、ころころピッチャーを変えるという、
つまみ食いみたいな継投はなんとかしてほしいところ。
試合を見に行っても、トイレに行ってる間にピッチャーが
変わってたりするくらい頻繁に交代させてたので、
いったい誰が誰やら全然わからんかった。
そう考えると、来季のBsにとっては、梨田さんより適任かもしれない。
清原やローズを獲得するために大金使うなら、
使える先発ピッチャーを育ててくれ。

さて、来季のBsの監督、誰になるのやら。
オリックスだしなぁ。また阪急・近鉄・オリックスに縁もゆかりもない人を
連れてきそうで、それだけがちょっと不安。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2005-09-30 03:05 | 野球な話

シーズン終了

今年のシーズンが終わった。Bsはなんとか4位にとどまった。
西武に敗れての終了。まったく、最後の最後まで勝てなかったなぁ。
いやいや、それでもいいさ。今年は今まで以上に楽しませてもらったし。
シーズン終了間際に、試合結果にあれだけドキドキしたのも
ホンマに久々やったし。まあ、来年に期待することにしよう。

さて、仰木監督の来季の話が出てますが、やっぱり来年も監督、やってほしい。
今のチームで仰木監督以外に誰がいる。もう少し、チームの存在感が強くなるまで、
仰木さんにはがんばってもらいたいところ。

・・・でも、やめるとしたら、次は誰になるんだろうか。
元Bwファンと元Bsファンが納得する監督って誰だろう。
個人的には梨田さんに復帰してもらいたいところやけど。
まさかの大穴で福本豊とかだったりして。
福本さんの采配、ちょっと見てみたいような気もする。

ワタクシの中での今年1番のプレイヤーと言えば平野選手。
元Bwの選手なんで、シーズン開始時はあんまし注目してなかったけど、
なんてったって守備がうまい!!
スーパープレイを何度も見せてもらいました。
もう少し打撃力がついて、ヒットを量産できるようになれば、
不調の谷に変わってBsの看板選手になれる素質がある。
平野選手、来年もがんばってくれ。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2005-09-29 01:55 | 野球な話

今年のBs戦

Bsを応援しようと決めたのは4/9の楽天戦。

楽天を応援しようか、オリックスを応援しようか。
前日の4/9も大阪ドームで試合を見たし、それを考えると楽天の方が強そうだった。
でも「バファローズ」という名には未練があるのも確か。
この日もライトスタンド外野席へ。去年から変わらず見覚えのある顔もちらほら。
でも、まだオリックスを応援しようと決めた訳ではなかった。
ライトスタンドからおこる磯部コールに頭を下げる磯部を見てると、
楽天を応援しようか心が揺らぐ。

そしてこの日、衝撃的なことが起きる。
バッター日高(元Bw)・ピッチャー岩隈(元Bu)の対決で
近鉄の「チャンステーマ2」が流れたこと。いわゆる「タオルダンス」の曲だ。
おいおい、去年と全く逆だろと思いつつ、ここで何かが外れたような気がした。
この日は楽天に快勝。
そして二次会のスタンドで流れるのは、
近鉄バファローズの歌とオリックスブルーウェーブの歌。

二次会の最後に応援団の人が
「楽天にもいっぱい応援したい選手がいます。声援をかけたい選手がいます。
 複雑な思いで今日の試合を見ていたかと思います。
 でも、我々は新しいバファローズというチームを、新しいバファローズの選手たちを
 応援していこうではありませんか。」
やっぱり、人それぞれに複雑な思いを抱いているのだと。
応援団がこの日、スタンドにいたみんなの気持ちを代弁してくれたようで嬉しかった。
そして、前向きに進んでいこうという応援団の姿勢にもちょっと感動した。
今思えばどうってことない挨拶なんやけど、この言葉を聞いて、
新生バファローズを応援しようと思った。

そして、この日から、Bsとの新しい付き合いが始まるのである・・・。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2005-09-28 02:07 | 野球な話

今年の観戦記録

今日は本拠地最終戦。
勝てませんでした、バファローズ。
最後くらいはきちんと締めて欲しかったなぁ。

インボイスでの西武戦があと2戦残っているけど、
今年のワタクシの観戦記録をまとめてみます。

4/8 楽天 ● 2-8
4/9 楽天 ○ 6-1
4/10 楽天 ○ 5-3
4/16 西武 ○ 9-4
5/15 広島 ● 14-16
5/31 ヤクルト ● 2-3
6/8 阪神 ● 4-8
6/25 ロッテ ○ 9-2
6/27 楽天 ○ 4-0
7/5 西武 ○ 5-4
7/10 日ハム 雨天中止
8/13 ロッテ ● 8-13
8/14 ロッテ ● 4-5
8/20 日ハム ○ 2-1
8/21 日ハム ● 3-10
9/23 日ハム ● 1-5

今年の野球観戦は16回。7勝8敗雨天中止1回。
二軍のサーパス・阪神戦も含めれば17回になる。
なぜかホークス戦を見てません。

今年は社会人になって初めて、野球シーズン中に仕事が
修羅場を迎えなかったので、トラブルがおきた時をのぞいて比較的時間的に
余裕のある時期が多く、会社帰りにドームに行く、ということもできた。
去年の反動もあったとはいえ、月2回のペースで球場に通った。
これだけ頻繁に球場に通ったのは初めてだ。

明日以降、今年のBs観戦の思い出を
徐々に振り返ってみようと思う。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2005-09-26 02:20 | 野球な話

あれから1年

今日、バファローズは日ハムに負けた。
西武はホークスに勝った。これで西武のプレーオフ進出が確定。
合併のゴタゴタがあったのに、よくここまでがんばったと思う。
シーズン開始前は、正直、5位か6位で収まればええほうかなと
思ってただけに、まさかプレーオフ進出を争えるチームになるとは。
ふんぎりの悪い中途半端な試合も多く、
ここ一番で勝てないチームだったけど、なんだかんだで
ハラハラドキドキさせてくれた。
一時期は西武とゲーム差を大きく離していたのに、
プレーオフマジックが点灯したこともあったのに、
結局どたんばでの底力は優勝経験のある西武にかないませんでした。

いまから1年前の9月24日。
大阪ドームで近鉄が最後の試合を行った日。
星野のサヨナラヒットに狂喜乱舞した日。
閉門ぎりぎりまでドームで近鉄の思い出を噛み締めた日。
そして、涙で近鉄を見送った日。

あれから1年。

抵抗があり、違和感ありまくりだったBsのユニフォームも、
今となっては親しみを感じるまでになった。
そして、平野、村松という、今まで敵だったので気づかなかった
素晴らしいプレイヤーと出会えたこと。
合併して初めて行ったスカイマークスタジアムが、
野球を楽しむためにはものすごくいい環境の球場だってこともわかった。
快晴の日にスカイマークに行くと、ホンマに芝が緑色でビックリした。
風もさわやかだし、フェンスも低く、グランドも近い。
外野席は屋根が全くないので、6月末のデーゲームは
熱くてたまらんかったけど。

合併して失ったものは大きく、それを埋めるくらいの大きなものではないが、
得たものは確かにあった。

今年は残り3試合。バファローズには精一杯がんばってもらいましょう。
そして、来年。来年こそはプレーオフ進出だ!
[PR]

by sherpa_kl250 | 2005-09-25 02:19 | 野球な話

4位確定・・・か?

行ってきましたスカイマーク。
神戸最終戦ということで、同行したIさんとEさんにも
用意したBsとBuのユニフォームを着せて一緒に応援してもらいました。
でも、「Bsの応援はバリエーションが複雑すぎて覚えきれん!」
なのだそうだ。

さてさて、今日はプレーオフ進出の最後ののぞみをかけた試合。
試合結果はというと・・・。
まあ、これで4位確定かな、と。

それにしてもなんだろう、今日の試合の中途半端さは。
3塁まで走者を進めときながら、そこから先がつながらない。
ヒットの数も少なかったし。先発でバシッと決めれるピッチャーもいないし。
ガルシアの外野席フェンス間際の2ベース級のアタリをキャッチしたのは
すごかったけど。

今日の試合を見ていて思ったのは、なんかのびのびプレイしている、
って感じがなかった。「勝つ」ことにこだわりすぎているのか、
ガチガチで逆効果になっているようだ。
端から見てれば「勝つ気あるんかえ!!」みたいなプレイの連続。

ガンガン打つ試合ってのは、やっぱりみんなのびのびプレイしてるし、
もう少し肩の力を抜いてのびのびとプレイしてほしいもんだ。

もう、プレーオフはどうでもいいです。
勝ち負けよりも、残り4試合、全力で戦って
「このシーズン、Bsを応援してきてよかった」
「来年も絶対にBsを応援するぞ」
「来年こそは・・・いける!!」
と思わせるいい試合を見せてほしい。

その結果として、プレーオフに出られるならば、それでエエやん。

残り4試合。がんばれ、バファローズ!!
e0050226_1333695.jpg
[PR]

by sherpa_kl250 | 2005-09-24 01:26 | 野球な話

iPod

新しいmacを買ったのだからと、8月末にiPod Miniを購入。
で、購入した直後にiPod nanoとか発表されてやんの。

聞く聞かないは別として、とりあえず家にあるCDのほぼすべてを
iPodに入れてみた。300曲近くあるが、まあ、それが手のひらに収まる。
いやいや、これなら、旅先にじゃらじゃらMDを抱えていかなくてすむ。

それはさておき、このiPodには「シャッフル再生」機能があって、
登録した曲を好き勝手に再生してくれるのだ。

ある日、会社でiPodをシャッフル再生で聞いていると、
「ちゃんちゃららちゃんちゃららちゃららららーん」
となぜか突然、鉄道唱歌のオルゴールが流れてきた。
特急電車の車内で、始発駅や終着駅の前の放送のときに流れるオルゴールである。
一瞬、なんで? って思った。そんな曲登録した覚えないぞ。

よくよく考えれば、ネットから拾ってきた鉄道関係のMP3を再生した際に、
自動的に「iTunes」というソフトに登録され、そこからiPodに自動転送されてしまったようだ。
曲リストを開いて見ると、ほかにも「ハイケンスのセレナーデ(ブルートレインで
流れるオルゴール)」とか、昔の「ひかり・こだま」号のチャイムなんかも
登録されていた。

ほほぅ。これはこれで面白い。早速「鉄ネタ」というプレイリストを作り、
鉄道関係の音をいろいろ放り込んだ。
鉄道唱歌、ハイケンスのセレナーデ、国鉄気動車オルゴール、東海道新幹線、
東北新幹線、上越新幹線、JR九州などなど。

シャッフル再生で、鉄関係の音が流れてくると思わずニヤリ。
これでもう、いつでも旅気分!?

こんな使い方ができるのも、デジタルプレイヤーのなせる技なのかもしれない。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2005-09-22 01:53 | 戯れ言

バファローズ根性見せたれ!

ここに来て西武が勢いに乗ってきた。
バファローズは昨日はぎりぎりで勝ち。
チームの力を考えると、西武の方が上のような気もする。

熱き心解き放て。ぶちかましたれ! いてこましたれ!
負けるか、言わすぞ、男の力
今燃え上がる、紅の炎よ、高く舞い上がれ熱く!
バファローズ根性見せたれ!!

とまあ、チャンステーマ4なんぞ歌いたくなる訳で。
いや、ホンマに、ここで踏ん張らんとあかんで。

港町神戸に嵐を巻き起こせ。勝利を呼ぶ一打。ここでドカンと!

と、ブルーウェーブのメインテーマなんぞ歌ってみたりする。

さあ、今週末は関西最終戦。
スカイマーク行くぞー!!  ドーム行くぞー!!

あ、24日と25日は仕事だ。
あらら。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2005-09-21 01:29 | 野球な話

いいぞ、いいぞ、村松!

村松のサヨナラヒット。いやー、劇的だぁ。
テレビのスポーツニュースでしか見てないんやけど、
よくやった村松!

それにしてもなぁ。9回、暴投で失点って。
結果オーライやからええものの、やっぱり安心させてくれないチームだ。
今日は西武も勝ったのでゲーム差は縮まらず。やはり昨日の1敗が大きい。
さて、いよいよ今週末は関西最終戦。今週末の日ハム戦で一気に勝負をつけるか、
それとも西武直接対決まで持ち越すのか。
最後の最後まで大混戦。今週末はゲキアツだ!!

3位争いとはいえ、ここまでハラハラして野球を見たのは、
近鉄、オリックスブレーブス、西武が骨肉の争いで優勝を争っていた1989年以来だ。
阪急から変わって1年目だったので、あのときはまだブレーブスを応援していたなぁ。

とにかく、プレーオフを目指してがんばれ、バファローズ。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2005-09-20 00:36 | 野球な話

さよなら寝台特急「彗星」号

今日、仕事が早く終わったので、三宮へ行った。
別に用はない。たんに電車に乗ってどこかへ行きたかっただけだ。
特に何をするわけでもなく、神戸をうろついて帰ってきた。
1時間弱の電車の旅。

さて、京都発南宮崎行きの寝台特急ブル−トレイン「彗星」号が今度のダイヤ改正で
廃止となる。寝台特急「彗星」と言えば、私の中でも特別な存在の寝台特急だった。
子供のころ、夏休みの家族旅行と言えば、母親が九州出身ということもあって、
九州は宮崎へ海水浴と決まっていた。
当初は飛行機だったが、子供だった私の強いプッシュで、いつしか行きも帰りも
「国鉄」で行くことになった。そのときに使っていたのが「彗星」なのだ。
夏休みになれば「彗星」に乗れる。それが楽しみだった。はっきり言って
海水浴なんぞどうでもよかった。家族で出かける、ということもどうでもよかった。
ブルートレイン「彗星」に乗れる、それが一番重要なイベントだったのだ。
夏休みの宿題の絵日記の1ページ目を飾るのはいつも「彗星」だった。

そのころはいろいろな「彗星」が走っていて、ブルートレインのほかに、
583系寝台電車とか、14系座席車の臨時「彗星」とかいろいろ乗った。
家族4人で寝台は家の財政的にしんどかったようで、行きか帰りかの
どちらかは寝台ではなく座席だった。
583系電車の薄暗く廃墟のような食堂車を探検したり、
寝台のテーブルに頭をぶつけたり、真っ白な制服に赤い腕章をつけた
車掌さんの後について回ったり、夏の思い出イコール「彗星」の思い出だった。
姉貴が中学に入ると、クラブが忙しくなったため、九州旅行は中止になり、
「彗星」号に乗ることもなくなった。

おそらく、今のワタクシが鉄道好きになったのも、この子供のころの
「彗星」号の体験があったからだろう。
その後、一人旅をするようになってからは、九州方面は座席車のある
「あかつき」「なは」か「ムーンライト九州」、またはフェリーが主になり、
「彗星」には全く乗らずじまいだった。

晩年の彗星は4両編成で、それでもほとんど乗客が乗ってなかった。
飛行機での移動が一般常識になってしまった今、わざわざ一晩かけて
寝台特急で九州まで行く人はほとんどいない。のんびりゆったり行きたければ、
寝台特急より安いのに寝台特急より快適なフェリーがある。

これもまた、時代の流れ。

寝台特急という存在は、トワイライトエクスプレスやカシオペアなどのわずかな例外をのぞき、
「ブルートレイン」と呼ばれて光り輝いていた時代の栄華を引きずりながら、
朽ちて消えてゆくだけの存在でしかない。市場はもう「不要」と判断しているのである。
今時、寝台特急の復権を願うのは鉄道好きの戯れ言でしかないのだ。
残された寝台特急「あかつき」「なは」も、そう遠くないうちに廃止されるであろう。

さようなら、彗星号。
乗っとけばよかったと思っても時すでに遅し、である。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2005-09-19 02:39 | 戯れ言