阪急沿線住民の戯れ言


とある大阪の猛牛軍団
by sherpa_kl250
カテゴリ
以前の記事
2016年 07月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
青春18きっぷの冬期利用..
from 「ま、それはさておき。」
梅小路鉄道博物館だって
from 「ま、それはさておき。」
ガメラ:深海獣零号(レイ..
from ガメラ医師のBlog
平野恵一
from あわおこしにっき
アジアシリーズについて最..
from よし君のニュース日記
女子バレー フジテレビ関..
from 女子バレーボール 多治見麻子..
上岡龍太郎
from いま人気のコトバとは?
横山ノックさんに70人最..
from 最新芸能ニュース速報
人生が変わる
from たった1日で
キャッチボール屋
from DVDジャンル別リアルタイム..
リンク
アユタヤ 旅行

タイの旅行情報
タイの旅行情報
ライフログ
人気ジャンル
TEST
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 05月 ( 63 )   > この月の画像一覧


俺らはさけぶ〜

最近、仕事中に頭の中をループするメロディーがある。
いきなり「思い出せ」と言われても思い出せないが、
何の曲なのかはさっぱりわからない。
脳みその片隅にこびりついているようで、ふっと浮かんできては、
しばらくの間ループしてすぐ消えていく。

ちょっと前までは日ハムの小笠原の応援歌だったが、
今は違う。そして、たまーに口ずさんだりしている。

で、昼飯買い出しのときに、頭にそのメロディーが出てきたので、
口に出して歌ってみた。

♪ララララララーラララララーラ
ラララーラーララララーラララララララー

何回かループするうちに言葉が出てくる

♪打てララララーラララララーラ
ラララーラーララララー打てふくラララー

♪打てふくうラーラララララーラ
ラララーラーララララー打てふくうらーらぁー
打てふくうらーあー

あーぁ!?

なんや、福浦やん。

ずーとループしていたメロディは、マリーンズの福浦選手の応援歌でした。
ちなみにこんな曲です↓

http://www.geocities.jp/noda_lotteclub_0605/fukuura.mid

マリーンズの応援歌は単純やし、かけ声がキレイにそろっているので、
知らん間に頭の中にインプットされてしまい、ふとしたことで、
頭の中にメロディーが流れ出します。
ロッテファンでもないのに、なぜかフランコの曲や「俺たちの誇り」を歌えたりしますから。
ロッテの他の選手の応援歌はこんな感じ↓

http://www.geocities.jp/noda_lotteclub_0605/lottesong.html

相手チームのファンにまで曲をしみ込ませてしまうとは、
恐るべし黒カモメ軍団。

くそぉ。こうなりゃ黒カモメ軍団には負けへんでぇ〜。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2006-05-31 01:05 | 戯れ言

なんかこう、ね

バファローズ負けてやんの。
名古屋ドームでも中日に3連敗してたなぁ。
もう、なんやろね、この胸の奥につっかえるすっきりしないものは。
9連敗へのドミノ倒しが加速したのも中日戦だったし。

なんかこう、すっきりしない毎日。
1人で盛り上がって調子こいてて、
ものすごく冷静に「何1人で盛り上がってはるんですか」と
言われたときのような感じ。

スカッとさせてくれよなー、バファローズさんよぉ。

明日は大阪ドーム。
さて、勝てるかなぁ。
勝ち試合を見れるかなぁ。
と、いうか仕事定時で終わるんかなぁ。

ああ、ネガティブスパイラル。
まあ、期待せんとこ。

たまに勝つからオモロイねん、バファローズは。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2006-05-30 23:27 | 戯れ言

Newスーパーマリオブラザーズ

ニンテンドーDS用の「Newスーパーマリオブラザース」を購入。

いやー、さすがは任天堂。オモシロイっす。
なんてったって説明書読まなくてもサクサクっと
ゲームが進んでいきます。
面倒な「チュートリアルモード」が無くても
簡単に操作できます。

最近のゲームは操作を覚えるのがひと苦労だし、
操作を覚えてからも長いし、すぐにムービーシーンに入るし、
デモは多いし、ゲームを遊ばしてくれる時間が少ないんです。

スーパーマリオは昔ながらのジャンプとダッシュだけ。
DSのキー配置の関係でデフォルトのキー配置が
「Bダッシュ」ではないけれど、オプションでボタン配置を変えて
ファミコンポジションにしてBダッシュ全開です。

んー、ひさびさにゲームを遊べそうだ。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2006-05-30 00:19 | CPUな話

笑い話ではあるけれど

日曜日、某氏よりメールに誤字が多いとの指摘を受けました。

いやー、人生スキだらけですから(^^;
ってかメールは入力したら何の疑いもなしに送ってしまうんで、
結構誤字あるんですよぉ。

社会人になってメール出すときに真っ先に言われたのが
誤字脱字の注意だったりする訳で、これはあまりほめられたことではないです。
はい、反省してます。

誤字脱字と言えば、昔取引していたメーカーさんの担当者さんが、
メールに必ず誤字脱字を入れてくる「誤字女王」でした。

そして、3回に1回はメール末文の言葉が
「異常、よろしくお願いいたします」
となっていました。
「うわー、今日も異常者呼ばわりされたでー」
と後輩といっつも大笑いしてました。

ものすごく固くて理論的な文章を書いてくる人だったのに、
必ず誤字があるので、そのアンバランスさがおかしくておかしくて。
納期前のテンパッた時期になればなるほど誤字が多くなり、
徹夜続きでアホになったスタッフ全員で、
「今日の誤字大賞」
とか言って楽しんでました。
相手にとったらものすごく失礼なことなんですけど、
納期前の追い込み時期は精神的にも追い込まれるので、
そんなことでも楽しまないとやってられんのです。
もちろん、「ここに誤字ありましたよー」とは言えず、
引用する際には誤字を直して、丁寧に返答していました。
1回、名前に誤字があり、さすがにそのときは、
担当者の上司さんからお詫びがありました。

「すいません、うちの○○が名前間違ってしまって
 いつも言ってるんですけどねー」
「ご丁寧にすいません。でも、いつものことですから」
「あ、やっぱり誤字の多さに気づいてましたか。ハハハハハハ」

と。関西の会社だったせいか、相手もそりゃもうフランクに。
実は上司の人も「今日はどんな誤字を入れるんやろ」と密かに
楽しんでいたみたいです。

これからはメールもちゃんと推敲してから送信しよう。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2006-05-30 00:08 | 戯れ言

今日も元気いっぱい負けました

西の空に明けの明星が輝く頃、
1つの光が宇宙へ向かって飛んでいく。
それが「勝ち星」なんだよ。

…と、ウルトラセブンのパロディは置いといて。
今日も負けた。

アンヌ隊員の前から星となって宇宙へ帰っていたウルトラセブンのごとく、
ワタクシの前から勝ち星は消えていきました。
公式戦開幕以来、球場でバファローズの勝ちを見たことがありません。
連敗記録更新中です。

4連勝って聞いたときから、ダメだろうなー、勝てないだろうなーと思いつつ、
いや、もしかして、今の勢いだと5連勝いけるかも、と、
勝ち期待:負け不安=4:6くらいの気持ちで今日の試合を見てました。

そしたら、案の定です。
相変わらず2塁を踏めない。ヒットが出ない。
ランナーがいないときにホームランが出る。
まるでビデオテープを何度も巻き戻してみるがごとく、
打球がセカンド方面へ転がり続けます。
あのセカンド、狙撃したろかというくらいセカンドにばかりボールが転がります。

今日は最初から結構熱い試合でそれなりに面白かったんですが、
8回に3点入れられると、ああ、もうダメだと。
昨日のような「1人PL花火大会」が起こることを期待するも何も起こらず、
やっぱりPL花火大会は年1回だなぁ−と。

まあ、いいんですいいんです。
たまに勝つから面白いのです、バファローズは。
こういうふうに負けが続くから、勝った試合を見れたとき、
その一勝がものすごく価値あるものになるのです。

試合終了後、いつもの顔ぶれと「じゃあ、次は6月25日の日ハム戦で!」と
再会の約束をして解散。なぜか試合に行く度に顔見知りが増えていきます。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2006-05-29 00:04 | 野球な話

必ず仕事する

清原が逆転サヨナラ満塁ホームラン。
やってくれました、いい仕事してます。

悔しかったのは、こんな劇的な終わり方をした試合を
生で見れなかったこと。用事がいろいろあったため、
けっきょく深夜のスポーツニュースまで待つはめに。

サヨナラ逆転満塁ホームラン。
近鉄優勝のときを思い出しました。

さて、明日はどうなんだろう。4連勝だもんなぁ。
5連勝してしまいそうな勢いやけど、
ワタクシ、明日、スカイマークへ行くのです。
バファローズが負けたら、「ああ、やっぱりね」と笑ってやってください。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2006-05-28 00:25 | 野球な話

間宮兄弟

清原の「1人PL花火大会」で盛り上がってたスカイマークを
横目に行ってきました「間宮兄弟」。
予告編で見てなんだか自分に重なる部分があるなぁと思いつつ見にいったら、
案の定、結構今の自分と微妙に重なる部分がありました。

最初、新幹線700系の鉄道模型が映るシーンで場内にクスクスと笑いが。
えっ? そこ笑うとこなん?

そっか、世間ではそういう見方なのか。
いや、いいんですけどー。
そういう冷たい仕打ちをいっぱいうけながら、今まで鉄ちゃんしてきたわけやし、
色々苦労してきたから、今更、鉄道趣味を捨てるつもりはありません。
鉄道趣味というのは、世間的に偏見の目で見られることが多く、
鉄ちゃんであることを隠し続ける覚悟を持つか、適度にネタ程度の会話から初めて、
人を見て「鉄」話の内容を濃くするか薄くしていくかのテクニックがないと、
偏見に満ちた目で見られて、あっという間に社会的落伍者のレッテル貼られます。
世の中にいる「鉄まっしぐら」な人たちが、いろいろ頑張って鉄道趣味への
偏見を育ててくれてます。

ストーリー的としては、Dr.イエローをクローズアップするところがGOOD。
でも、新幹線なのに駅到着のチャイムがなぜ「鉄道唱歌」なのか。
それが許せません!!

…という、いきなり「鉄まっしぐら」などうでもいい話は置いといて。

まず、兄弟の個性がよくわかりません。
兄弟だけあって性格も似ています。
ただ、兄弟の性格付けが「見た目」だけになり、
結局どちらの視点で物語を追っかけていっていいのかわからず、
兄弟の視点から見てもなんだかイベントというか、話のヤマがみえず、
「ああ、もてない男ってみじめなのね」
というなんとも煮え切らない状況でお話が進んでいきます。

結局、この映画はちょっと仲のよすぎる兄弟の、
滑稽な生活(ちょっと「キモイ」感じ)を見るもの、
と解釈してしまいました。
最初に書いた通り、今の自分と微妙に重なる部分があるので、
「ああ、わかるなぁ」
としみじみしたところで小さな笑いが起きたので、
ちょっと小馬鹿にされたような感じです。
もちろん、これは30代の独身男性の視点から見たからであって、
女性の視点から見ると、全く違った解釈になると思います。

でも、この笑いが世間としての受け止め方であり、こればっかりは仕方ないなと。
まあ、劇場で見たからそういう判断ができたのであって、
DVDで一人で見ていたら、また違った解釈になったかもしれませんが、
やっぱり映画は映画館で見た方がいいですね。

ちなみに、新幹線の車庫をしみじみと眺めたことはありませんが、
学生時代、安治川駅構内で貨車の入れ替えを1時間近く眺めていたことがあります。
貨車の入れ替えって、結構面白いんですよ。
機関車が「がちょ〜ん」という感じで貨車をはじき飛ばして、
連結手さんがその貨車に飛び乗り、ブレーキをかけながら
別の貨車に連結していくのです。

おっと、またまた「鉄まっしぐら」な話になってしまった。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2006-05-27 23:13 | 映画な話

新幹線大爆破

今日も仕事をそこそこで切り上げて、行ってきました高槻松竹セントラル。
前にも書きましたが、今日は「新幹線大爆破」です。

走行中にドア開いた時点で非常ブレーキかかるやろ、とか
上り線に入ったら逆線走行になるので、緊急停止するやろとか、
東海道新幹線は双方向運転(簡単に言えば逆線走行)できないやろ、とか
(山陽新幹線は双方向運転できるので起爆装置停止までの
 シーンの描写は現実に可能な訳です)
鉄道マニアとしてのツッコミどころは置いておきます。

ハリウッド映画の「スピード」がこれをモチーフにしたとかで突如話題になった作品。
閉鎖空間のパニックものとしては非常に良くできた作品。
追いつめられたときの人の行動。発狂する人。なんでもお金で買おうとする人。
そして現場と指令とのギャップ。そのあたりの人間ドラマがよくできてます。
高校生のときにこれをテレビで見て、結構「ビビビ」と来た訳で。
一回見たことある作品なのでストーリーは知ってますが、
やはり劇場で見ると違いますね。全然別もの。
TVで見ればどう見てもミニチュア模型の新幹線も、
大きなスクリーンで見れば本物のごときです。
それにね、もうね、健さんカッコよすぎです。この映画、二人の健さんが出ています。
高倉健と宇津井健。どっちもカッコいいんです。
高倉健は世間に追い込まれて悪役になってしまった元工場経営者。
宇津井健は国鉄を背負った生粋の鉄道マン。
どちらの健さんもハッピーに終わらない、ちょっと影のある映画です。
宇津井健と言えば、「少女に何が起こったか」での「ハンカチの男」の
イメージが強すぎるので、この映画でかっこよさを見直しました。
「血を売って金にする」という描写が出てきたり、
学生運動上がりの左翼活動家が事件を担っていて、
爆弾を仕掛けるなどの設定が、時代を感じます。

この映画、新幹線を爆破するという内容からか、
当時の国鉄は撮影協力を全面拒否。と、言う訳で、出てくる新幹線の車内のシーンは
指定席もグリーン車もビュフェも実車をいっさい使わず、すべてセットなのだそうだ。
セットはよくできています。鉄ちゃんの目から見ても充分本物です。

それにしても、上映プリントがかなり痛んでいたせいか、
傷はあるし、コマ抜けとかあるし、サントラもプツプツ切れてるが、
日本にはこのプリント1本しか残ってないそうだ。
それでもこの作品をスクリーンで上映した高槻松竹に大拍手です。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2006-05-27 01:54 | 映画な話

いつも1人ですけど何か?

今日、会社で映画の話をする。
すると、後輩が、
「一人で映画館って行きづらいですよねー」
「えっ!? オレはほとんど一人で行くで」
「うっそぉー、それおかしいでぇー」

えっ、そうなの?
なんで1人で映画館に行くのがおかしいの?
理由を聞くと
「一人で映画館ってさみしいやん」

いやぁ、あのぉ、そのぉ…。
…わははははは。

そりゃ、誰か誘って観に行くこともあるけれど、
映画を観に行くのは基本的に1人。
見たい映画があっても、誰か一緒に行ってくれる人がいないと
映画を観に行けないなんて、そっちの方がおかしいと思うのだが。
1人で映画に行くのをここまで否定されたのは初めて。

1日で映画館を数件ハシゴすることもあるし、
見たい映画のために大阪、京都、神戸だけでなく、
大津や明石、さらには東京まで映画を観に行ったこともあります。

さらに彼と色々突っ込みやすいトークが続く。

後輩>
邦画は面白くない!

ワタクシ>
ここ数年、ほとんど邦画しか見てないんですけど…。
洋画は字幕を読むのに必死になってお話が頭に入らないのです。

後輩>
やっぱり映画は恋愛映画が最高。

ワタクシ>
すいません、恋愛映画はまどろっこしいので寝てしまいます。
好きな映画のジャンルは怪獣映画。あとは企画が面白そうなら何でも。

後輩>
映画はDVDで見たらエエやん。

ワタクシ>
ドアホ!! 映画は映画館で見るものや!!
暗闇の中、スクリーンで見る楽しさをわかってないなぁ。
映画館のスクリーンを否定するヤツが映画好きを名乗るでない!!

と、まあこんな感じのやり取りが。

未だに「邦画は面白くない」と思っている人がいるんだから困ったものだ。
確かに大々的に宣伝バンバンかけてる「ビッグタイトル」と呼ばれる
邦画は実写、アニメ問わずハズレが多い。それは認める。
けど、単館系で、低予算で作ったような映画は、
小粒ながらもピリリと効いてくる作品が結構多い。
ハズレもそれなりにあるけどね。
「ぴあ」を読みながら、今度の週末、何観に行こうかなぁーと考えるのが楽しみな訳で。
欄外に面白い企画上映会の記事を見つけると、それこそ「ラッキー」と思ってしまう。
単館系シアターは横の繋がりがあって、いろんな劇場の上映作品、パンフレット、
企画上映会のお知らせを置いてたりするので、そういうのを見ながら、
次の作品を選ぶのも楽しいのです。

邦画もね、結構面白いんですよ。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2006-05-26 02:01 | 映画な話

バファローズ三都物語

今日の朝日新聞夕刊に、オリックスの関連会社が
大阪ドームを買い取るとの記事が載った。

ああ、ついに大阪一本化。

大阪ドームは確かに便利。家から近いし、仕事帰りでも
定時に会社出れば19時すぎには球場に着けるので
平日でもなんとか見に行くことができる。

でも、それ以外にいいとこなんよねー。

ブルーウェーブ時代は
「誰が行くかい、あんな山奥まで!!」
と半ば拒否ってたGS神戸。
いざ本拠地になってみて、そして実際に足を運んでみると、
すんごいイイ球場じゃないですかぁ。
思いっきり食わず嫌いしてました。
1回足を運んだだけでもうお気に入りです。
見やすいし、のんびりしてるし、広々してるし、気持ちいいし。
飯も色々選べるし、なにより普通に食べれます。
遠足気分で、お弁当持っていって、野球見ながら
のんびりするのがよく似合う球場です。
試合始まれば「のんびり」どころじゃないんですけどねー(^^

5月晴れの太陽の下で野球を見るのが、これだけ気持ちいいとは。
スカイマークの魅力を知ってからは大阪ドームでの
試合観戦にものすごくストレス感じます。

そんな球場を捨てるのね、オリックスは。
あそこは、胸はって世界に誇れる球場やと思うよ。

満席とまではいかないけど、スカイマークもそれなりにお客さん入ってると思うのに、
それでも大阪にこだわるのか。
ってか、大阪とか神戸とか言ってるんなら西京極も本拠地にしてしまって、
京都大阪神戸のトリプルフランチャイズの「関西オリックス」にすればエエのに。

京都は、阪急沿線ということもあって以外と「元阪急ファン」が多いような気がする。
だから、京都にも営業に来んといかんよ、オリックスさん。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2006-05-25 00:32 | 野球な話