阪急沿線住民の戯れ言


とある大阪の猛牛軍団
by sherpa_kl250
カテゴリ
以前の記事
2016年 07月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
青春18きっぷの冬期利用..
from 「ま、それはさておき。」
梅小路鉄道博物館だって
from 「ま、それはさておき。」
ガメラ:深海獣零号(レイ..
from ガメラ医師のBlog
平野恵一
from あわおこしにっき
アジアシリーズについて最..
from よし君のニュース日記
女子バレー フジテレビ関..
from 女子バレーボール 多治見麻子..
上岡龍太郎
from いま人気のコトバとは?
横山ノックさんに70人最..
from 最新芸能ニュース速報
人生が変わる
from たった1日で
キャッチボール屋
from DVDジャンル別リアルタイム..
リンク
アユタヤ 旅行

タイの旅行情報
タイの旅行情報
ライフログ
人気ジャンル
TEST
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 02月 ( 35 )   > この月の画像一覧


Last Run 6300

6300系本線特急運用最後の日。
と、いうわけで今日は6300系をおっかけてました。
行く先々にカメラを構えた人がいて、
とくに水無瀬・上牧駅はもの凄い状態になっていました。
普段は「撮り鉄」はしないんですが、
6300系のラストランを残しておきたいということもあり、
建物が立て込まず、比較的開けた景色の多い上牧〜大山崎間の
あたりでカメラを構えて待機。初めての「撮り鉄」です。
上牧駅付近を走り去る6300系。
e0050226_21515010.jpg

大山崎駅付近の跨線橋から。
e0050226_21531183.jpg

コンパクトデジカメというのは、そこそこ高機能とはいえ、
高速で走る鉄道を撮るのには向いていないのがハッキリわかりました。
少しぶれるし、シャッターを押してから画像になるまでのタイムラグが致命的。
やはり撮り鉄するなら一眼でないと厳しいですね。

さて。

慣れない「撮り鉄」をしたあとは河原町へ移動。
6300系最後の「乗車」です。
これは土曜日に撮影したものですが、
この「2ドア車両」という案内も見納めです。
e0050226_22271515.jpg

2ドア車両の乗車口にはすでに行列ができていたものの、
無事に窓側の席を確保し、河原町駅を17時30分に発車。
下り最終の6300系特急です。
「鉄」な人と普通の人が交じって車内はかなり混雑しています。
ちょっと狭いふかふかのシート。
肘掛けにまではってある「アンゴラ山羊」のモケットや独特の窓など、
最新の電車にはない齢を重ねて風格を持つパーツが時代を感じさせますが、
他の阪急電車にはない特別感を醸し出しています。
疾走する電車の窓から外を眺めていると、
本格的な「撮り鉄」だけでなく、コンデジや携帯で撮影する人や
家族でお見送りをする人もいろんな所にいて、
6300系の人気の高さがうかがえます。
昔と違って、かつての急行並みの停車駅のため、
「マルーンの疾風」のごとくのびのび走り抜けるという感じでは
ありませんでしたが、それでも特急らしく流れるように走っていきます。

淀川の鉄橋を渡り、梅田駅1号線へ入線。
最後の6300系の旅が終わりました。
もう見ることができない、クロスシートのずらりと並んだ車内。
e0050226_2281417.jpg

この光景を目に焼き付け、ホームへと降り立ちました。
梅田駅1号線と6300系。
6300系はもうこのホームにはやってきません。
30年以上たつ車輛とは思えないほど、
マルーンが艶やかに光っています。
e0050226_2291130.jpg

さてさて。

梅田駅ホームに降り立つと「鉄」な方々が殺到していて、
駅員だけでなく、鉄道警察の方もいらっしゃいました。
そして、駅員さんの注意とそれにかまわず必死にカメラを向ける人々。
折り返し18時20分発の特急が、6300系最後の特急運用。
e0050226_22175359.jpg

発車のアナウンスが流れ、時計の針が18時20分をさしたとき、
6300系は最後の特急運用を全うすべく、河原町へ出発していきました。
多くのファンに見送られ、拍手で送られ、走り去るマルーンの車体。

特急専用車として生まれた阪急電車のクイーンは、
「特急車」としての最後の花道を飾りました。

6300系自体は、まだ嵐山線に残りますが、
8連で京都線を駆け抜けたその姿はもう見ることはできません。
35年間もの長い間、京都・大阪間を駆け抜けた6300系。
長い間、お疲れさまでした。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2010-02-28 22:22 | 戯れ言

休日出勤

e0050226_1447545.jpg

e0050226_1447561.jpg

休日出勤なので、6300系を狙ってみました。

沿線、駅ともに「撮り鉄」さんがイッパイです。

6300系もですが、「2ドア車両」の表示も嵐山線以外では見納めです。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2010-02-27 14:47

地方によって祝日を変えてどうする!

祝日を地方ごとに変えてしまうと言う、
なんともとんでもない法律が国会に提出されるそうだ。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100214/plc1002140802005-n1.htm

「交通機関の混雑を緩和」
「旅行費用の引き下げ」

まあ、確かに、その趣旨はわかります。
旅好きな社会人にとっては、「お金は2の次」で
休みの時期のチケット・宿の確保に走り回り、
その結果、高いお金を払って人イッパイのところへ旅する訳です。
なので、休みを地方で分散するという発想は
あながち間違いではないと思います。

がっ!

現在、ワタクシの会社は東京の会社と取引しています。
ワタクシの会社に限らず、東京の会社と取引している
地方の会社はかなりの数に上ると思います。

1日2日ならともかく、東京の会社が動いている間に、
長期休暇で仕事に穴をあけてしまうことなどできるはずもなく、
結果的に休めなくなると思います。
1人2人がずらして休むならフォローできますが、
会社機能そのものが止まってしまうわけで、
東京の会社の仕事を止めてしまう可能性を生むため、
結果的に、地方の会社は休みが激減することになると思います。
東京の会社も地方の会社も、全て同じ日に休むから、
地方の会社員も休める訳です。
もちろん、ちゃんとスケジューリングを組んで、
休みをコントロールして仕事を進めればいいのですが、
下請け企業のスケジュールを考慮して動く発注先など存在しません。
どんな会社でも、発注元は自分の都合だけで動きます。
「誰が仕事出しているかわかりますか?」
と発注先に言われて休みを吹っ飛ばされるか、
「東京の会社が動いているのに、ウチだけ1週間休むなんて
 そんなことが会社として許されるか!」
という理論を会社の上部が言い出して休めなくなるのは目に見えてます。
それが日本の会社組織ですから。

どうも民主党さんは理想と理論だけを求めて、
その先にあるものを考慮せずに案件を進めてしまいますね。
休日をずらして「休み」を生むのではなく、
1週間ぶちぬき有休を「必須」にするなど、
会社機能を止めること無く、個々人が休める方法を
考える方がふさわしいと思います。
個々人の有休ならば、その会社の管理者の能力しだいで
フォローできますからね。

とにかく、地方で休日をずらすなんていう
とんでもない法案はやめてほしいです。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2010-02-20 23:17 | 戯れ言

6300系最後の花道

阪急京都線で35年間走り続けた6300系が、
いよいよ本線運用から撤退します。
その引退を前に、最後の「引退興行」とも言うべき、
記念運転が明日より始まります。
http://rail.hankyu.co.jp/files/whatsnew/6300jikoku.pdf

6300系については何度も何度もブログで書いていますが、
ついに来るべき日が来てしまったという感じです。
かつて十三・大宮間ノンストップだった頃は、
京都線沿線の住民にとって、
身近だけと接する機会がない「特別な」存在でした。
ただ、35年間、毎日梅だ・河原町間を全力疾走し続けた訳ですから、
累計走行距離はかなり伸びていると思います。
乗り心地などは9300系に比べるとその衰えは隠せませんが、
老いてなお艶やかとでも言うのでしょうか、
9300系登場後でも見劣りすること無く、
2ドア車という特別な構造が6300系を引き立てていました。
最後の最後まで特急運用と言う「華」を持ったまま、
引退をするのは、実に幸せな幕のひき方だと思います。

それよりも。

今週は「撮り鉄」が列車を止めると言う事件が発生しました。
いい歳した大人が、撮影のために線路内に入って
列車を止めると言う前代未聞の事件です。
前々から「撮り鉄」さんの行動には、大人としてどうよ、
という行動が多く、疑問を感じていました。
マナーを守っている人も多いのですが、
銀河廃止時の「サントリーカーブ」で殺気立った空気を見て以来、
全員が全員、「危険行為」をしているように見えてしまいます。
サントリーカーブにフェンスが立ったのは、
その「行為」の結果だと思います。

と、そのような話をしたのは、
今日、河原町まで「6300系」のDVDを買いにいった際に、
色んな駅で「撮り鉄」さんをポツポツ見かけたこと。
数が少ないのでまだマナーを守れる方ばかりでしたが、
引退興行が始まると、ますます「撮り鉄」さんが増えて、
ヒートアップして、6300系の引退に泥を塗ってしまうのではないかと
心配になってくるからです。
阪急電鉄の歴史にも、そして、日本の私鉄界にも、
名を残す名車ですから、本当にキレイな形で引退させてあげたいのです。

それと…。
通勤で阪急京都線を使っている身としては、
趣味の行為で電車を止めるなんて、迷惑以外の何物でもないですからね。
撮り鉄の皆様の常識ある行動を期待しています。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2010-02-20 22:49 | 戯れ言

宮古島から帰ってきて

3泊4日の宮古島の旅が終わりました。
明日からまた仕事です。

3泊と短い期間で、天気には恵まれませんでしたが、
宿の同泊者には恵まれた旅でした。
毎日、違う顔ぶれで夜遅くまで語り、
最後の晩は、消灯後も話す我々を見かねて、
オーナーさんが特別な「場所」を提供してくれました。

さてさて。

今回の宮古島の目的はバファローズのキャンプ訪問。
サインプレーの練習時以外は比較的オープンで、
選手とファンが区切られることも無く、
選手が普通にそこらへんを歩いてます。
見学中に
「すみませーん、通りまーす」
と言われて振り返ると田口選手だったときには、
腰がぬけそうになりました。
これだけ選手とファンの距離が近いのは、
ファンの絶対数が少ないバファローズだからなのでしょうか。
室内練習場やブルペンも、手が届きそうなところに選手がいます。
e0050226_20272369.jpg

e0050226_20273712.jpg

逆に言えば、プロ野球選手の強烈な球が
目の前を飛び交う訳で、目と鼻の先で見るピッチャーの球は、
素人から見れば恐怖感すら感じます。
何より、練習中の選手たちのオーラのすごいこと。
ハッキリ言って足が震えて近づけません。
練習場へ移動するときに目の前を選手が走っていくのですが、
それだけで直立不動です。

でも、練習が終わった後は比較的朗らかでしたが。

初めてのキャンプ見学でしたが、
なかなか面白く、なかなか新鮮でした。
ただ、キャンプ地にはどういうわけだか女性が多く、
男女比は1:9で、男性は練習を見ながらつぶやくタイプが多く、
女性は選手を追っかけて走り回るタイプが多く、
文字通り「陰と陽」という感じです。

今回は、「島」と「キャンプ」が6:4くらいでしたが、
都合が付けば、来年も行ってみたですね。
次ぎ行くならば「島」:「キャンプ」2:8くらいの比率で、
じっくりと見学したいもんです。

最後に。
キャンプが行われている球場には仰木監督の名残があります。
e0050226_20403851.jpg

e0050226_2041859.jpg

e0050226_2042517.jpg

「信汗不乱」の碑を見たときは泣きそうになりました。
偉大なる闘将の功績は、ここ宮古島にもしっかりと残されていました。
仰木監督の功績をたたえ、それを守っている宮古島の人たちには感謝感謝です。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2010-02-14 20:49 | 旅ログ

寒いっ!

e0050226_1661126.jpg

関空から関空快速に乗車。

関空のターミナルビルから出て、肌に当たる風の冷たいこと。

内地は寒いです。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2010-02-14 16:06

JAL2574関空行き

e0050226_12543569.jpg

那覇で関空行きに乗り継ぎ。
メール打っていたら気付いたら搭乗時間です。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2010-02-14 12:54

ジャンボジェット

e0050226_12411875.jpg

那覇は曇り空。

隣のスポットにジャンボジェットが停まってました。

737と比べると巨大です。

でも。

JALと言えばやっぱりジャンボジェット。
太陽のアークもよく似合います。

経営効率化とは言え、JALの象徴的存在でもあるジャンボジェットが無くなるのは寂しいですね。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2010-02-14 12:41

JTA558宮古発那覇行き

e0050226_11202686.jpg

いよいよ島抜けです。

今日の宮古島は晴れ。
めっちゃ暑いです。

島入りと島抜けの日だけが晴れであとは曇りと雨。

相変わらず天候には恵まれません。

しかし。

泊まったゲストハウスで毎晩賑やかに騒げたので、
3泊4日の宮古島生活は楽しかったです。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2010-02-14 11:20

島抜け

e0050226_11151475.jpg

この時期の宮古島はバファローズ一色です。
街中のいたるところにバファローズののぼりがたってます。
全国各地からバファローズファンが集まっていて、なかなか面白いです。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2010-02-14 11:15