阪急沿線住民の戯れ言


とある大阪の猛牛軍団
by sherpa_kl250
カテゴリ
以前の記事
2016年 07月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
青春18きっぷの冬期利用..
from 「ま、それはさておき。」
梅小路鉄道博物館だって
from 「ま、それはさておき。」
ガメラ:深海獣零号(レイ..
from ガメラ医師のBlog
平野恵一
from あわおこしにっき
アジアシリーズについて最..
from よし君のニュース日記
女子バレー フジテレビ関..
from 女子バレーボール 多治見麻子..
上岡龍太郎
from いま人気のコトバとは?
横山ノックさんに70人最..
from 最新芸能ニュース速報
人生が変わる
from たった1日で
キャッチボール屋
from DVDジャンル別リアルタイム..
リンク
アユタヤ 旅行

タイの旅行情報
タイの旅行情報
ライフログ
その他のジャンル
TEST
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧


終電ブログ:地元

e0050226_23472332.jpg

日曜日、友人2人とウイスキー工場の見学へ。

生まれ育った地元の工場ですが、
見学したのは小学校の社会見学以来。

ずいぶんと小綺麗になってました。

昔は近くを通るだけでウイスキーの香りが漂ってきたのに、
今はその香りもありません。

ただ、昔から馴染みのある香りのせいか、
その工場製のものと他の工場製のものの香りの違いが
なんとなくですがわかりました。

さて。

工場見学後、その2人を連れて我が町を案内。
小さな田舎町で知名度の高い名所はないんですが、
意外と喜んでもらえました。

ただ。

地元だからなのか、意外とスルーしていた面も多く、
知っていると思っても知らなかったりと、
地元民とは言え、なかなか観光案内は難しいなあと思いました。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2011-02-28 23:47

寝台特急の明かり

e0050226_3403048.jpg

ここ一ヶ月、毎日終電帰りだったせいか、
お給料だけはステキなことになってました。

その資金をもとに、Nゲージのブルートレインに
室内灯を仕込んでみました。

パワーパックも古いのは電圧不足なため、
電気容量の大きいものを新調。
13両分の室内灯とともに、2万近い出費です。

部屋の電気を消すと、暗闇を走る13両の客車の窓から漏れる明かりがほのかに光り、
まさに闇夜を走りぬける寝台特急です。
ロネ、ソロ、ロビーカー、食堂車と特殊な窓配置の車両が、
いいアクセントになっています。

部屋の中を走るブルートレインを見ていると、
寝台特急に乗ってどこかへ行きたくなります。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2011-02-27 03:40

終電ブログ:堺筋特急

e0050226_0232887.jpg

来年5月に阪急京都線でダイヤ改正だとか。

6300系リニューアル車による「京とれいん」の運行が話題になってますが、
堺筋線に嵐山行き特急が走るというのもなかなか凄いニュースです。
地下鉄内も通過するのがまた驚きで、
地下鉄内ではどのように案内されるのかが楽しみです。
嵐山線は6連しか入れないので大阪市交の車両は
この運用には入らないでしょうが、
66系が本線を全速力で走り、嵐山へ向かう姿を見てみたいもんです。
列車種別としては「直通特急」ですが、「堺筋特急」とでも名乗って欲しいです。

それにあわせて、なのかわかりませんが、
天下茶屋から河原町への準急も増発されるらしいのです。

京都への観光客誘致を狙っているそうですが、
停車駅が多く、特急に抜かれる準急走らせたら、
逆にイメージダウンなような気がします。
多分、高槻市で特急に接続なんでしょうが、
それなら淡路で特急に接続させればエエのにね。

でも。

こちらは8連が入れるので、
大阪市交の車両が、河原町まで走るかもしれません。
66系には急行幕はありますが、
準急幕を新設するのか、その点は楽しみです。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2011-02-25 00:23

終電ブログ:阪急電車

e0050226_019295.jpg

今日は自分でも何やってか、わからないまま終電の時間になりました。

さて。
今日のお題は阪急電車。

小さな時から使ってますが、
その頃からほとんど変わってないように思える阪急電車の車両たち。
普通の人が見てもわからないと思いますが、
京都線だけで、2300、3300、5300、7300、8300、9300と6形式も走っています。

3300系が非冷房だったり、2800系が急行で走っていたり、
6300系が引退したりと、意外と変わってる部分がありますが、
マルーンカラーだけはもうすぐ50歳の2300系から最新の9300系まで、
変わることなく輝いてます。

ダイヤ改正のたびに普通しか停まらない駅が
不便になっていくので、
JR利用へシフトしつつありますが、
やっぱり自分の生活と切り離せない存在です。

でも。

準急はいい加減、廃止してほしいですが。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2011-02-23 00:19

終電ブログ:極度乾燥(しなさい)

e0050226_0154617.jpg

相変わらず終電生活。
ようやく体が馴染んできましたが、
頭が徐々にアホになってきています。

さて。

今日のお題は「SuperDry(極度乾燥しなさい)」です。

以前にも取り上げたことのあるイギリス発のブランドです。
このネタ好き日本人にウケそうなブランドが、
なんと日経のサイトに掲載されていました。

このブランド、ヨーロッパでは成功しているらしく、
数百億円を売り上げているんだとか。
確かに日本人から見たらおかしな日本語ですが、
デザインセンスは鋭いし、
ブランディングの上手さは、さすがヨーロッパブランド、と思わせます。
「極度乾燥しなさい」と大書きされたバックパックは欲しいですから。

そこまで話題になるくらい成功してるのなら、
日本上陸もそう遠い日ではないかもしれません。
何と言ってもベッカムご愛用ブランド。
ベッカムだけでなく、ヨーロッパのアーティストが
これ着て日本に来たら、一気に火がつくと思います。
たとえ「会員証な」でも、です。

とか思ってたら、先日、京都の街でこれを着た
日本人を見てエライ驚きました。

冗談抜きで、近いうちにブレイクするかもしれません。

極度乾燥(しなさい)の動きに注目です。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2011-02-22 00:15

ゆるい部活マンガ

「けいおん」第2期8巻のレンタルが始まったので
DVDを借りてきて見ていました。
最終回ということもあり、ラストで演奏された曲が
最後の映像とともに、いまだに頭に流れています。
第1期第1話の入学からずっと展開された高校生活。
卒業式の後のゆるーい時間で、それまでの思い出が
画面のキャラとともに浮かび上がってきました。
感動巨編、という終わり方でもなく、
青春のヒト区切りという感じで、
この作品らしい「オチ」を盛り込みつつ、
でも、振り返るとこみあげてくるようなまとめ方でした。
原作とは違う解釈が入ってましたが、
アニメはアニメでいい終わり方をしたと思います。

会社の後輩が「中野梓はオレの嫁」なんて言ってて、
恥ずかしくないのか、なんて思ってましたが、
スマン、後輩!
お前は正しい!
全力でスライディング土下座してその間違った捉え方を謝る!

閑話休題。

元は4コマまんが。ストーリーはあるものの、
限られた情報量しかない原作を、よくぞここまで膨らませて、
キャラを動かして、青春ドラマにしたなあと、
スタッフの構成力のすごさに脱帽。
あと、流れる楽曲が何気なく高いクオリティを持っており、
物語とのリンクもうまく、聞いていて心地いい楽曲でした。

さて。

このアニメや漫画を見て、個人的に思ったのが、
部長の田井中律(りっちゃん)のキャラ付けがなんとなーく
鳥坂センパイっぽいんです。
究極超人あ〜るの、です。
大声を出す、
皆にちょっかいを出す、
変なリーダーシップを発揮する、
事件を起こす、
ゆるーい部活ライフを率先する、
部活に興味ないと思いきや、知識はけっこうある、
などなど。
これを見たけいおんファンの人、勝手な思い込みですみません

究極超人あ〜るも、ゆるーい部活マンガ。
もしかすると、ゆるーい部活生活を描いた
初めてのマンガなのかもしれない。
いわば、始祖的な存在かも。
鳥坂センパイも、真面目に部活しません。
率先して、部活以外の遊びをします。そして、戦います。
でも、写真の知識は持ってます。
トライXで万全!
世はなべて3分の1
これらの名言は、写真やってないと
絶対に出てこない発言です。

劇中、りっちゃんがそんな発言はしなかったものの、
音楽が好きなんだなぁという描写や発言は多々あり、
おそらく、それくらいを言い切れる知識はあると思います。

好きなことをしたいから部活に入ったが、
そこの居心地の良さに溺れて、真面目に部活をしない。
それゆえに事件を起こす。
このような立ち回りは、ある意味、ゆる系の部活マンガには
必須なのかもしれません。
そういったキャラがいないとお話進みませんから、
そのキャラ付けが、作品の善し悪しにつながるのかと思います。

究極超人あ〜るとけいおんでは、
作品の持つベクトルは全然違いますが、
ゆるーい学園生活マンガ、という意味では、
結構共通点が多いのかな、とも思うので、
もしかすると、心のどこかで、究極超人あ〜るとの
共通点を無意識のうちに感じて、何かをだぶらせていたから
けいおんにハマったのかもしれません。

…でも。

なんだかんだウンチク言ってますが、
実際には魅力的なキャラが多く、
お話の展開、そして音楽がいいから
「けいおん」にハマったのであって、
それは見終わった後の感想でしかないんですけどね。
秋山澪はオレの(ry


[PR]

by sherpa_kl250 | 2011-02-20 23:40 | 戯れ言

終電ブログ:仕事できない奴

金曜の終電はいつも以上に混んでいます。
酒臭い車内。それだけで気分が滅入ります。

さてさて。

仕事ができないやつは生きる価値無し、と思います。

何やってもアカン人はアカンのです。

生暖かい「権利」に漬かってウダウダ言う権利なし。

地雷をふんだらサヨウナラ

そんなタイトルの映画あったな。

とりあえず、よく眠りたいです。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2011-02-19 00:09

終電ブログ:契約更新

契約更新の時期です。

今年度は新規案件が潰れ、予算削減による規模縮小などで、
ほとんど残業がなく、ヒマな一年でした。

そのおかげで年3回も海外旅行に行けたんですが、
残業代が加算されず、税金も高く、
財政はかなり厳しいものになりました。
お金があると時間がなく、時間があるとお金がないのが、この業界の法則。

終わらせた仕事もなく、
何度か行った営業も散々でしたし、
実績を1つも残せない年でした。

と、なると怖いのは契約更新です。
評価実績がないとなるとねぇ…。

下手すれば降格、いや、クビもありえるからこの時期はホンマに怖いです。

まあ、もう結果は出てるだろうから、
あとは契約更新面談を待つのみです。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2011-02-17 23:54

終電ブログ:二階建て新幹線

e0050226_2354116.jpg

鉄道博物館で撮影した二階建て新幹線のマーク。
今やこのマークを知ってる人の方が少ないと思う。

今、二階建て新幹線と言えば、通勤新幹線MAXくらいですが、
かつては食堂車やカフェテリアを備えた豪華列車でした。

東海道山陽新幹線の100系は、
大きな窓に高い天井、広い室内、そして二階建て食堂車。
効率重視の現在の新幹線とは違い、列車としてのゆとりがあり、
車内サービスの面では間違いなく新幹線史上で
最高の車両だと思います。
国鉄が咲かせた最後の一花です。
グランドひかりから食堂車が無くなるとき、わざわざ乗りに行き、
富士山の見える区間を狙って食堂車へ行ったのも
いい思い出です。

ビジネス需要の高い新幹線だから、
今の車両は正しい進化形態ではあるのですが。

そういった点で、九州新幹線には期待してたんですが、
JR九州らしさは極力抑えられた
大人しい新幹線になってしまいました。

新幹線としては思い切ってはいるんですが、
列車にゆとりとデザインをもちこんだJR九州が
イチからデザインした新幹線が見たかったです。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2011-02-16 23:54

終電ブログ:地球の歩き方

総務から今月残業ダメと警告。
帰っていいなら帰りますが?

さて。
いい加減ネタに困りだした終電ブログ。

今日は「地球の歩き方」について。

言うまでもなく海外旅行のバイブル。
ただし、日本人に限りますが。

日本人の編集なんで日本人には安心できる場所やお店を掲載しています。
宿も突拍子もないトンデモ宿ではなく、
日本人クオリティに見合った宿が紹介されてます。

それらの面で安心して使える本なんですが、
掲載されている地図がかなりいい加減。

すんごい路地が普通の道のように書かれていたり、
店や宿の位置が全然別の場所にあったり、
そもそもスケーリングが微妙に狂っていたりと、
色々と迷わせてくれます。

「地球の迷い方」って改題したほうがいいんじゃない、
というレベルです。

まあ、海外は最新の情報が手に入れにくいですし、
現地取材じゃないから仕方ないんですが、
それにしても、です。

そうは言うものの、
1番使いやすいし見やすいので愛用はしています。
真実半分くらいの認識で使うと、間違っててもさほど腹は立ちません。

ただ。

なんか最近、やけに女性に向けた内容にシフトしているのが
なんだかなあーと思います。

エステとかデザートを大々的に特集されてもなあ…。
宿も飛び込みで入りづらい高いところが多くなってきてるし。

メジャーな存在になったからそうなるんでしょうが、
旅人向けの内容に戻ってほしいです。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2011-02-16 00:16