阪急沿線住民の戯れ言


とある大阪の猛牛軍団
by sherpa_kl250
カテゴリ
以前の記事
2016年 07月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
青春18きっぷの冬期利用..
from 「ま、それはさておき。」
梅小路鉄道博物館だって
from 「ま、それはさておき。」
ガメラ:深海獣零号(レイ..
from ガメラ医師のBlog
平野恵一
from あわおこしにっき
アジアシリーズについて最..
from よし君のニュース日記
女子バレー フジテレビ関..
from 女子バレーボール 多治見麻子..
上岡龍太郎
from いま人気のコトバとは?
横山ノックさんに70人最..
from 最新芸能ニュース速報
人生が変わる
from たった1日で
キャッチボール屋
from DVDジャンル別リアルタイム..
リンク
アユタヤ 旅行

タイの旅行情報
タイの旅行情報
ライフログ
人気ジャンル
TEST
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 05月 ( 48 )   > この月の画像一覧


ドラゴンズ戦

e0050226_19363217.jpg

台風のせいでJRが遅れてます。
なんかかなり乱れてますが、ホームに上がると、
ちょうど35分遅れの快速がやってきて乗れました。

さて。
今日もドームへ行ってきました。
台風でも、ドームなんで試合やってます。

結果は、

Bs 4 - 7 D

9回裏は盛り上がったんですが、
ノーアウト満塁のチャンスを
併殺で潰して1点のみでした。
併殺もピッチャーゴロで本塁と1塁という具合。

全てが悪い方へ転がります。

これが弱いチームの証拠なんでしょうね。

しかし。

2回で4点取られてボロボロの朴を変えずに、
キャッチャーを変えたのはなぜなんでしょう。

その戦略がわかりません。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2011-05-29 19:36

おかげ様ブラザーズ

今から20年くらい前、
関西に「おかげ様ブラザーズ」というバンドがいました。
当時はなんだか面白いコミックバンドだなーとしか思わず、
歌詞もよくわからんネタだったので、全く興味無しでした。
「明るい米屋さん」のCMとか、
伝説のコント番組「ムイミダス」のテーマソングを歌ってた、
くらいの知識しかありません。

で。

そのおかげ様ブラザーズの曲を
Youtubeで見つけました。


この人間ポンプという曲は、ムイミダスのOPテーマで、
AMラジオから録音したカセットテープを持っています。

それにしても、改めてこの歳になって聞いてみると、
歌詞のコミカルさと深さ、皮肉の込め方、演奏技術、
きんた・ミーノの歌い方などなど、
あ、これは結構スゴいぞ、けっこうイイんではないの、
と思ってしまった。

再結成されたようですが、改めて評価されるといいんですが、
コミックバンドな上、関西拠点のバンドですから、
全国区になるのは難しいでしょうけれど。

それにしても。
この「人間ポンプ」は同時の音源のものを聞いてみたいです。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2011-05-29 00:45 | 戯れ言

大槻ケンジのスゴさ

大槻ケンジ。
最近、何気なく聞くことがあったのでブログのネタに。

一般には「筋肉少女帯」のボーカルですが、
オーケンの書く歌詞は、精神的になかなか壊れています。
日本印度化計画とか、高木ブー伝説などは有名ですが、
その他にも、愛する人と一緒にいたいがために
ヌイグルミに変身して家でずっと行動を見守ったり、
創作活動に追い込まれた作家がヌイグルミを身代わりにして
逃避行し、そのあげく、銃を乱射して自殺したり、
キノコ人間が胞子を振りまくなどなど。
壊れっぷり、というか、歌詞から広がっている発想の着眼点、
その斬新さと言うか病み具合はもはや天才としか思えない発想です。

このネガティブなパワー。
陰を持って陽を制してしまったそのパワーは、
気が病んでいるときにオーケンを聞くと、
本当にヤバいくらいダメージを喰らうくらい、
恐ろしい破壊力を持っています。
生温い居心地のいい曲ではなく、聞く側も覚悟がいる、
そうでないと本当に心が破壊されてしまいます。

本当にロックです。ロックンロールです。

表現者には負のパワーを正にしてしまうパワーがないと
いけないということを、まさに音楽で「表現」しています。

本当に表現したいものを全力で表現している。
たとえネガティブであれ、病んでいると言われようが、
心の叫び、そして悲痛、苦心、病んだ感情を
全力で音楽にのせることで表現しています。
だから、その全力っぷりが、
聞く側にもダメージをあたえる音になる訳です。
しかも、それを商売ベースに載せているのが
オーケンのスゴいところだと思います。

どんなものでも表現の糧にしてしまえる、
それが陰のものであっても、
表現した気持ちがあれば、形に出来る。
芸は身を助けると言いますが、
オーケンはまさに、芸によってプロになり得た人。
ネガティブな力と才能を融合させて
闇に開花した天才だと思います。

[PR]

by sherpa_kl250 | 2011-05-27 23:23 | 戯れ言

産業医面談

部長クラスの上司とともに産業医面談というのを受けました。

パニック障害についての説明と現状説明、
仕事に対する感情、体調などを1時間ほど話す。

最近は薬で症状を抑えているので、
本当に家から出られなかった時ほど最悪な事態ではなく、
生活に支障が出ないレベルでなんとかやってます。

ただ、ふとしたときにフラッシュバックや予期不安が起こるのが厄介で
その点を踏まえながら今後の就業について検討。

残業は解禁だが、慣らし運転しながら働きましょうとなりました。

最後に、産業医の先生から、
あなたはネガティブ過ぎます。
ただ、ポジティブになろうと無理せずに、
ネガティブ思考も才能と思いなさい、
と言われたのには、目から鱗が落ちました。
今まではネガティブすぎると否定されてばかりでしたが、
初めて肯定されました。

話は変わって。

産業医面談にかかるのは2回目ですが、
4年ほど前に受けた時と違って「本格的」でした。

前回は「ふーん、へぇー、じゃ、ちゃんと休みましょうねー」で終わるし、
面談前の保険士とのカウンセリングでも「パニック障害」というと、
「へぇ、そういう病気あるんですね」
などと言われ、なんじゃこの労基局への
アリバイ工作のような面談はと思いましたが、
今回は上司と総務課の人を交えての面談でした。
しかも、診断書持参のうえで面談し、
ちゃんと症状に対する対策などを教えてくれたので、
いつのまにウチの会社、
こんなにしっかりした会社になったんだ、
と驚くばかり。

総務課があるなんて、普通の会社やん!

しかも、総務課の担当が昔、一緒に現場作業したデザイナーさんで、
それもまた驚きでした。

総務課の課長さんも元プログラマーさんだったので、
知らない人ばかりかと思ってた総務課なのに、
顔見知りが多く、昔話などで案外リラックスできた。
それだけ長い間、この会社にいる、ということなんですがね。

バイトとして今の会社に入った時、事務のオネーサン3人で
全社員の勤怠・賃金・雑務などすべての面倒見ていたのを思い出し、
ちょっとしみじみしました。

あの頃はお昼までに出社すればよかったから、
ある意味楽だったなあとも思います。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2011-05-27 01:03

街中の用水路に

e0050226_18404383.jpg

会社からの帰り道。

深さ3〜4mくらいあるコンクリの壁で囲まれた用水路の真ん中に
なぜか石灯篭らしきオブジェを発見。

ビニール風船のカラスも吊り下げている。

誰がこんな場所に作ったのか、謎すぎる…。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2011-05-26 18:40

マイ大阪

かたつむり大作戦の動画を漁っていたら
「マイ大阪」が見つかりました。



マイマイマイ〜マイおおさか♪
マイマイマイ〜マイおおさか♪

何時頃にやってたのか、何曜日にやっていたのか、
そもその何チャンネルでやってたのかも全く覚えていませんし、
Wikipedia先生も教えてくれません。

でも、なぜか知ってるし、なぜか歌えるこのテーマ。
ある意味洗脳ソングです。

「かたつむり大作戦」と同じように、
これも知ってる人も、ある年代以上になるんでしょうね。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2011-05-25 22:19 | 動画な話

ノラ、動じず

e0050226_21575251.jpg

会社からの帰り道。

梅小路公園で見つけた1匹のニャー公。

近づいても全く動かず、景色に同化してたので
1枚撮らしてもらいました。

エサやりする人が多いからか、梅小路公園にはノラがたくさんいます。

結構な「目力」で睨みをきかせてたので、
帰宅後に画像、補正しました。
でも、眼光の鋭さまで表現しきれませんでした。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2011-05-25 19:05

長門裕之さん死去

俳優の長門裕之さんがお亡くなりになりました。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/05/23/kiji/K20110523000879240.html

遺影の写真がなんとも言えない茶目っ気ある写真で、
なんかコレをみると、祭壇から「笑ったなこの野郎!」
というお茶目な長門さんのツッコミが聞こえてきそうです。

この人の存在を知ったのが
「少女に何が起こったか」で、
誰がみても悪いことしている人にしか見えない
「悪役」をやっていたため、
この人イコール悪役のイメージというイメージが出来上がりました。
「少女に何が起こったか」では、裏口入学を斡旋する教授役で、
最後にはこのドラマ一番の悪役として警察に逮捕されてしまいます。
その逮捕のシーンがかなり劇的で、小学生ながらに
それはないやろ!
とツッコみいれた記憶があります。

しかし。

その昔、KBS京都でやっていた
かたつむり大作戦という
チャリティー番組で司会をやっているのをみて、
ものすごい人当たりのいいおっちゃんだったので、
そのギャップにエライ驚いたものです。
いまやその「かたつむり大作戦」を
知っている人も少ないと思います。
チャリティーキャンペーン中、KBS京都のラジオを聞けば、1時間に1回は
「かたつむり〜だ〜いさくせ〜ん!」というジングルが流れてました。


「悪そうに見える悪役」「憎める悪役」をきちんと演じられる、
素晴らしい俳優さんだったと思います。

ご冥福をお祈りします。

↓動画を探したんですが、見つからず。
ちらちら映る長門裕之さんの「悪役顔」をご覧ください。

[PR]

by sherpa_kl250 | 2011-05-23 23:13 | 戯れ言

何気なく

e0050226_19495372.jpg

117系が停まってたので撮ってみた。

ぶぉーんという国鉄電車らしい機械の音が、
うるさく響いてますが、それがまた魅力的。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2011-05-23 19:49

明日の神話事件

渋谷に展示されている岡本太郎の
「明日の神話」に原発の絵がつけくわえられた
「明日の神話事件」で「主宰者」である
芸術家集団が自分たちの行為であることを認めたそうだ。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110519-OYT1T00004.htm

さすがに読売新聞では集団名を出すことはできないようですが、
「Chim↑Pom(チンポム)」というグループだそうです。
一連の事件の詳細は色々記事になっているので書きませんが、
最初にこの事件を知ったときは
「やるなぁ」
と思ったものです。
これで、ニュースになった直後に
「私がやった」
と意図を主張すれば「表現」として昇華されて
オモシロイなぁと思ったのですが、
自分たちの個展の直前に名乗り上げるというのが、
表現ではなく、パブリシティっぽくて
なにそれっていう格好わるい結末で終わりました。

ちなみに、芸術作品を傷つけた、と思っている人もいますが、
このグループが「作品」を貼付けた箇所はもともと空白のスペースであり、
作品自体への物理的損傷はなかったはずです。

この「事件」に関してはネット上で色々議論がされています。

居心地のいい芸術は存在しない。
衝突。
お互いがぶつかり合い、衝突することで
それぞれが活かされる。

一部分ではありますが、それが岡本太郎の思想です。
よって、ネット上でぶつかる様々な議論そのものが、
岡本太郎の思想のもとで作品に取り込まれ、
「明日の神話」という「作品」の質を
さらに上げてしまったように思えます。

ただ。

もし、岡本太郎が生きていれば、
今回の事件については喜ぶだろう、
と意見する人が多いですが、
ワタクシは逆に激怒するのではと思います。

あんな中途半端な形で主張を継ぎ足して何の意味がある。
主張があるなら、思い切りあの作品を穢せばいいじゃないか。
作品を穢すことで主張を上書するくらいの勢いでぶつかってくればいい。
そうすれば、俺がさらにもっとすごい主張を上書きしてやる。

とか言ってたかもしれません。
今回の犯人は、対立を挑んだ訳でなく、
作品のテーマを借りただけの「表現」ですから、
きっと「対立をしろ!」と激怒したと思います。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2011-05-22 23:41 | 戯れ言