阪急沿線住民の戯れ言


とある大阪の猛牛軍団
by sherpa_kl250
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 07月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
青春18きっぷの冬期利用..
from 「ま、それはさておき。」
梅小路鉄道博物館だって
from 「ま、それはさておき。」
ガメラ:深海獣零号(レイ..
from ガメラ医師のBlog
平野恵一
from あわおこしにっき
アジアシリーズについて最..
from よし君のニュース日記
女子バレー フジテレビ関..
from 女子バレーボール 多治見麻子..
上岡龍太郎
from いま人気のコトバとは?
横山ノックさんに70人最..
from 最新芸能ニュース速報
人生が変わる
from たった1日で
キャッチボール屋
from DVDジャンル別リアルタイム..
リンク
アユタヤ 旅行

タイの旅行情報
タイの旅行情報
ライフログ
その他のジャンル
TEST
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


ついに公式発表

かねてから噂だったトワイライトエクスプレスの廃止が
ついに公式発表されました。

http://mainichi.jp/select/news/20140528k0000e020169000c.html

廃止理由が「老朽化」というのはもう聞き飽きました。
すなおに「赤字でした。採算がとれないんです」とか
「新幹線ができるので」と言えばいいのに、と思う。
今回の廃止のきっかけとなる「北陸新幹線」、
そして青函トンネルを使う「北海道新幹線」。
どちらも大阪とは全く無縁で使うこともない新幹線なのに、
そのせいで大阪からの列車がなくなるとはねぇ…。

そもそも、JR西日本の看板列車を25年も放置してきた営業怠慢が悪く、
普通、これだけ人気があればテコ入れするだろうに、
それを怠って「老朽化です」とはこれいかに。
JRが完全民営化してしまったのも原因かと思います。
民営会社である以上、自社の利益を優先するのは当然で、
北陸本線の大部分がJR西日本でなくなるわけですから、
新車入れてまでトワイライトを走らす投資はできないのでしょう。
そして、旅行会社によるキップ買い占め〜払戻しによって生じる、
満席なのに乗ってみると空席がいっぱいということも、
利益率を低める原因だったのでは、と思います。

だから、自社線内で完結する豪華列車を生み出すのでしょう。
ハッキリ言って、ウン十万円払って西日本を一周するなら、
マレー半島を横断するイースタンオリエント・エクスプレスに
乗った方が乗りごたえも旅情も何十倍も感じると思います。

日本の鉄道が効率化、合理化が進みすぎて
「遊び」や「ゆるさ」が全くなくなり、
どんどんつまらないものになっていきます。

ちなみに。

鉄ちゃんの間で有名だったのは
「新神戸〜新大阪間の新幹線特急券とトワイライトの特急券を買う」
とテクニック。これだとトワイライトの特急券が半額になります。
車内でそういう特急券を持っている人を何人もみましたが、
トワイライトなのに特急券を半額にしてまで乗るとは、
ちょっと貧乏臭く思えました。
(ロイヤルに乗っている人でもこういうことをやっていました。
 ロイヤルに乗る金持ってるなら、特急料金くらい素直に払えよ…)

一般営業の臨時列車なので、そういうことができるというのも、
列車の利益を損ねていたのだと思います。

さてさて。

トワイライトが無くなってしまうと、
JR西日本の看板列車は何になるんでしょうね。
新幹線はJR東海のデザインだし、
サンダーバードは全国的な知名度ないし、
JR九州ほど目立った列車はないし…。

まさかの「新快速」登場だったりして。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2014-05-28 23:00 | 戯れ言

JR西日本の豪華列車の動画

先日にも話題にしたJR西日本の豪華列車の
プロモーションムービーが公開されてました。

http://rail.hobidas.com/movie2012/archives/2014/05/jrvtr.html

この新型モビルスーツのような形状を先頭にして
走ってますが、運転台は一体ドコ?

モビルスーツみたいなところが展望デッキとして、
頭の上に窓のようなものがあるから、
そこに運転台があるのかな?
となると、サンダーバードみたいな構造になるわけか。

で、まさか、この列車、先頭車輌の展望デッキに立てるのか?
先頭で風きって景色を楽しめる?

安全上、先頭側はクローズするとは思いますが、
運転台とバルコニーがどういった構造で、
営業中はどういった取り扱いになるのか非常に気になります。

しかし。
この列車、京都駅0番線を逆走してますな。
琵琶湖をクルッと回って0番線から山陰線に入るのか?

ま、プロモーションなんで、ランドマーク的な京都駅を見せたいがための
構図を取るために逆走しているんだとは思いますが。

いずれにせよ、これ、幾らぐらいのお値段になるんだろうか。
100万円くらい行きそうだなぁ…。
団塊の世代って金持ってるんですね。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2014-05-24 22:55 | 戯れ言

JR西日本の豪華列車

JR西日本が構想を抱いていた豪華列車がニュースに出てきました。

http://www.rbbtoday.com/article/2014/05/21/120025.html

ハッキリ言わせてもらうと、こんな列車に興味ありません。
それよりもトワイライトの方が列車としては楽しいので、
トワイライトをこの先も走らせてほしいところ。
けど、JR各社の利益率からして難しいんだろうなあ。
個室は人気あるけど、B寝台は人気無いから
乗車率が意外と低いのはこの前のブログでも書いたとおり。

この列車もおそらく「ツアー形式」での乗車でしょう。
ツアーにすることにより、ヤフオクでの転売防止策になる、
乗客の行動を完全にコントロールできる、
値段設定を比較的自由に設定できるなどのメリットがあります。

今のトワイライトは一般の臨時列車。
遅れれば、その先の接続列車へ乗り継ぐ乗客の面倒を見ないといけないし、
停車駅間ならどの区間でもキップが買えるので、
人気の個室が「大阪〜金沢」しか利用されないこともあるらしい。
冗談のような話だが、日をまたがないトワイライトの短距離利用客は
それほど珍しいものではないらしいです。
食堂車でランチを食べるために大阪〜金沢間で個室を買う人もいるとか。
ツアーにすることで、乗客の行動を列車だけに縛ってしまえば
それ以外の経費はかかりませんし、確実に全区間の料金を
回収できるから、利益は高くなると思います。

それにしても、世界中に豪華列車は存在すれど、
狭いエリアをのろのろ走るだけの列車なんて日本だけでしょう。
ベニスシンプロンオリエントエクスプレスや
イースタンオリエントエクスプレスなどは国をまたいで
走るというのに、日本では会社をまたげない。
「ななつ星」も豪華な接客設備を持つ反面、
九州という土地の知名度のせいで、意外と海外向けの営業に
苦労しているんだとか。
どうせ大金払って乗る豪華列車ならば、
北海道から九州までを走る列車にすれば
海外からのお客も見込めるのに、西日本だけ、九州だけという
ローカルだけでは、せっかくの列車もかわいそうです。

しかし。

寝台列車というものがどんどん縁遠いものになっていきます。
そして、日本の鉄道がますます面白くなくなっていきますなぁ…。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2014-05-21 23:18 | 戯れ言

快速エアポートに通勤型電車

新千歳空港と札幌駅を結ぶ快速エアポートに
ロングシートの通勤型電車が導入されるそうです。
http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2014/05/15/

確かに、快速エアポートの混み具合を見ると
ロングシートの導入はわからなくはないんですが、
そもそも、あれは車両の構造自体に問題があるのと、
大荷物を持つ空港利用者が利用するためだと思います。

今の快速エアポートには冬場の防寒性を高めるために
ドア付近にデッキがあって、ドアを入って、
もう1つドアを開いて座席のある客室へ移動します。
札幌駅から新千歳空港へ向かう場合、
地元の利用者も多く乗っている上、
デッキがあるために、地元の人はデッキにとどまり、
中へ入れないんですね。
そこへ空港利用者が加わるから、
荷物と人で空間が本当になくなります。
どこの地方でも、ドアから中へ詰めない風習があるので、
それが、デッキがあるためにとんでもない混雑を生むわけです。

でも、ロングシートにしたからといって、
それが解決するわけではないと思いますけどね。
JR北海道は相次ぐ事故の関係で、
経営トップがJR東日本出身者がほとんどだそうで、
混雑するからといって観光客も多い路線に
通勤形ロングシート車を導入してしまうのも、
JR東日本らしい考え方の表れなのかもしれません。
空港からの利用者も東京からの人がほとんどだし、
東京の人は転換クロスシートに慣れてないから、
ロングシートの方が向いているのかも、と思ったりします。

それはさておき。

快速エアポートの中には旭川直通の特急車両を使うものもありますが、
こちらはどうするんでしょうか。
むしろ、ドアの幅が狭く、数も少ない特急形のほうが
遅延とか積み残しがあってやばいと思うのですが。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2014-05-16 23:32 | 戯れ言

大阪球場ヤジ合戦

古き良き、昭和の野球。


大阪球場での南海・阪急戦、全てが過去の出来事。
当時のプロ野球ニュースもよくこんな企画作ったなぁ。

でも、今となっては貴重な映像。
ヤジもそうですが、スタンドでの場外乱闘も多かったです。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2014-05-15 22:18 | 野球な話

SP-EXPの動画をアップ

タイ仕様の紫のブルートレイン、SP-EXP13/14列車の
動画をYoutubeにアップしました。

12両の紫色編成となるといい画になりますね(自画自賛)。
編成的には荷物車の次位にオロネ(ANF)が連結されているので、
バンコク行き14列車、ということになります。

今回、日本橋のレンタルレイアウトで撮影したんですが、
Nゲージは満員だったため、他のお客さんの声が入り、
しかも個人が特定できる内容だったので、
フリーBGMサイトからBGMを拝借して当ててます。

他の線路に色々な車両が走っていたため、
線路にカメラを寄せることが出来ず、
ひきの画が多くなってますが、
タイ国鉄車両が伊勢志摩ライナーとすれ違ったり、
105系6連に追い抜かれるという鉄道模型ならではの
珍しい映像になってます。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2014-05-11 23:04 | 鉄道模型な話

球場ラヴァーズ

最近見つけた「球場ラヴァーズ」というマンガにハマってます。
このマンガ、何が面白いかって、
「野球を応援する側のドラマ」を描いたマンガなのです。
しかも、その野球の対象が「広島カープ」です。
読売でも阪神でも中日でもなく、
カープです、カープ。
そのため、野球選手が全く出てきません。
野球のプレイも全く出てきません。
スタンドで、赤い帽子かぶってカープユニきて、
宮島さんを歌う人たちのみ。
そして、マンガの舞台は広島ではなく東京。
そのため、すべてビジター側の視点。

だからこそ、メインストリームになれず、
人生の悲哀とカープをオーバーラップさせ、
それでもカープを応援する楽しさを表現しています。

話の始まりは少女マンガっぽいきっかけですが、
話が進む度に、人間の泥臭さ、ずるさなどが見え隠れし、
そこでカープを応援することで前を向く。
その中に散りばめられる野球ファンなら笑える泣けるエピソード。

ワタクシもオリックス・バファローズを応援していますが、
「ああ、わかるわかる」
と共感する場面もちらほら。

読売、阪神ではないからこそ、
こういった「野球選手の出てこない」野球ドラマが成り立つのだと思います。
絵柄が少女マンガなので、男性には入りづらいかもしれませんが、
野球好きなら絶対に楽しめる作品です。

でも。

広島カープって球団は幸せものだと思います。
今年は強いですが、弱くても弱くてもこんなに愛され、
そして、マンガという作品に仕上がってしまうわけですから。

大阪では阪神一色で、地元からもあまり愛されていない
オリックス・バファローズがかわいそうに思えてきます…。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2014-05-08 22:34 | 野球な話

観戦史上初のプレイ

4月は色々忙しかったので、
5月に入ってからようやく公式戦初ドームでの初観戦。

5,6日と行きたかったんですが、
財政的にちょっとしんどくなるので、
6日のみ観戦。

その試合ですが、これがまた面白かった。

生まれて初めてプロ野球で
ランニングホームランというものを見ました。
レフト竹原が転倒している間にロッテの荻野が
俊足を活かして一気にホームへ疾走。
あれあれあれ、というまに3塁回ってるんだから、
俊足打者というのは恐ろしいです。

そして、ペーニャの天井直撃弾。
最初、ボールが何処へ飛んだのかわからず、
突然天井からボールがフィールドへ落ちてきて
プレイ続行だったので、球場全体が「?」な状態に。
そして、天井直撃ということで規定ホームランに。

ランニングホームラン、規定ホームランともに初めてです。
1試合で「初めて」のプレイを2つも見れて、
なかなか見応えのあった試合でした。

バファローズは現在も首位争い続行中。
このままの調子で、ケガ人出さずに最後まで突っ走って欲しいです。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2014-05-06 22:10 | 野球な話

タイ鉄道コミュ?

タイで地震があったようです。
ただ、全く情報がないんで、どうなっているのか心配。

さてさて。

何気にタイの鉄道の情報を漁ってたら、
どうやらタイの鉄道ファンのコミュサイトらしきものを発見。
http://www.trainsforthais.com

HOのペーパーでタイ国鉄の各種機関車を作っているようで、
けっこう頑張って活動しています。
当地ではまだ鉄道趣味ってのが根付いてないんだろうな。

しかし。

すべてタイ語なので、本当にファンサイトなのかも不明。
せめて英語だったらなあ、と。
だれか、タイ語訳せる人、いますか?
[PR]

by sherpa_kl250 | 2014-05-05 23:52 | 戯れ言

高槻ジャズストリート

GW、遠出をしない時のお楽しみ、高槻ジャズストリート。
ジャズといいつつ、音楽なら何でも来いのイベント。

このイベントのすごいところは
街全体が会場になるということ。
駅前広場であったり、高架下であったり、
市営のグランドや公園、
デパート前の広場や小さなバーなど場所は様々。
それらの会場を結ぶバスまで走ってます。

しかも、基本無料。

いろんな会場をはしごして、
いろんな音楽を少しずつつまみ食い。
気に入った演者がいればそこで最後まで聞き、
カンパをする、という感じ。

プロ、アマ、音楽のジャンルを問わず、
とにかく街全体が音楽で包まれるこのイベント、
運営はすべてボランティアがやっているそうだ。

たまたまやってきたのか、
それとも宿で情報を仕入れてきたのか、
バックパッカー風の外国人さんもたくさん見ましたし、
飛び入りでダンスとか踊る外人さんもいました。

ロシア人の演者もいて、
「恋のバカンス」がロシアでは大ヒットしていて、
原曲が日本の曲だったことを知らなかった、
という話も聞きました。

東京近郊で同じイベントやったら、
すぐに全国区になるのになぁと思いつつ、
大阪の郊外都市でやっているイベントなので、
全国的な知名度はまだまだだと思いますが、
もっともっと有名になってもいいイベントだと思います。

街全体が音楽であふれるというお祭は
日本ではそんなに無いと思います。

来年の開催を願って、微力ながら運営費のカンパをしてきました。
来年も再来年も、さらにその先も、GWの楽しみとして、
ずっとずっと続けてほしいイベントだと思います。

ちなみに。

パンフレットに「近鉄バファローズ」という名の
ジャズユニットが書かれてました。
2人組のジャズユニットらしく、
なぜこの名前をつけたのか、どんな演奏をしていたのか、
ものすごく気になりましたが、
時間的、場所的な関係で見れませんでした。
[PR]

by sherpa_kl250 | 2014-05-04 23:39 | 戯れ言