阪急沿線住民の戯れ言


とある大阪の猛牛軍団
by sherpa_kl250
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 07月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
青春18きっぷの冬期利用..
from 「ま、それはさておき。」
梅小路鉄道博物館だって
from 「ま、それはさておき。」
ガメラ:深海獣零号(レイ..
from ガメラ医師のBlog
平野恵一
from あわおこしにっき
アジアシリーズについて最..
from よし君のニュース日記
女子バレー フジテレビ関..
from 女子バレーボール 多治見麻子..
上岡龍太郎
from いま人気のコトバとは?
横山ノックさんに70人最..
from 最新芸能ニュース速報
人生が変わる
from たった1日で
キャッチボール屋
from DVDジャンル別リアルタイム..
リンク
アユタヤ 旅行

タイの旅行情報
タイの旅行情報
ライフログ
その他のジャンル
TEST
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

鉄道事故


尼崎で電車が脱線するという大惨事。今はただ、犠牲者の方々の冥福を祈るしかありません。
最近の電車は、踏切事故に対する電車正面から受ける衝撃吸収などは
しっかりと計算されていますが、それ以外の部分は、通常使う範囲内での負担にしか
耐えらない強度しかないそうです。
強度を高めると、コストがかかるうえ、重たくなるのでエネルギーも余分に使います。
電車が軽い方がスピードも出るし、使うエネルギーも少なくて済みます。
それを極限まで極めた車両が、東京のJR線を走っている「E231系」という車両だそうです。
コスト半分寿命半分とかいうコンセプトで登場した「使い捨て車両」、鉄道好きの間では
「走るんです」とかで呼ばれてます。まあ、そのあたりは、もっと詳しく
解説している人もいるので、解説はそちらにゆずります。Googleで「E231系」とか
「走るんです」で検索してみてください。
東京でこのような事故が起きた場合、利用者の数もケタ違いに違うし、
強度の弱い電車が走っているので、おそらく死者の数は1ケタ跳ね上がるでしょう。

それにしても、この事故で一番腹立ったのがTVや新聞のレポーター。
社長に対して「俺はこの世の中の『善』を背負っている」みたいなゴーマンで
失礼きわまりない取材。てめぇら何様のつもりやねん!!
遺族が感情的にJR側に食ってかかるのはわかるが、なんでてめぇらまでもが
感情的になっとんねん。このレポーターのせいでもう腹立たしくてテレビなんか観てられません。
しかも、テレビ局の看板となるニュースでしょ。こういう時にマスコミがすることは、
社長に感情的に突っ込むのではなく、どういった事故がどういう状況で発生し、
なんでそんな事故が起きたのか、という分析や、負傷者の身元情報、運ばれた病院、
JRや警察の公式発表を冷静に流すべくなんでは?
感情的な善悪ドラマはエンタテイメントである朝のワイドショーでやってくれ。
プライムタイムのまじめなニュースをエンタテイメント色に染めるなっちゅーに。

これが、事故究明がはっきりし、全ての責任がJR側にあったとはっきりしたのなら、
そうやってJRを攻めるのもアリでしょう。でも、まだ原因がはっきりせず、現場も
混乱しているのに、ズケズケと踏み込んでいって、さも犠牲者側にたったような
偽善な取材をするなよ、ボケが。
まあ、あの人達もお仕事だし、あのように取材しなければ上から怒られるでしょうし、
つらい仕事だとは思います。

事故ってのは、絶対に起きるモノですが、起きる確率を少なくすることは可能。
今後、事故の原因が究明され、このような事故を起こさないようにする対策を考えて欲しいです。
[PR]

# by sherpa_kl250 | 2005-04-25 23:24

ソフトウェア

某ウイルス対策ソフトのせいで、だいぶ混乱が生じているようです。
それにしても、ここまで大規模な不具合が出るとは。
ちょっとチェックすればわかるようなものなのに、きっとチェックをせずに
スルーでアップしちゃったんでしょうね。
でも、ソフトウェア開発の仕事をしている身にとって、これは対岸の火事ではありません。

ソフトウェアっちゅーもんは不思議なもので、不具合のないソフトを作るのは不可能なんですよね。
必ずなんらかの「バグ」と呼ばれる不具合が眠っています。
いってみれば欠陥があることを知りつつ商売をしているわけです。
ソフトウェア購入時に必ず「使用許諾」に同意を求められますが、その中には
「あんたには『使う権利』だけを販売したんであって、
 それを使ってどんな不具合おきてもわしゃ知らんで〜」
と必ずかかれてます。当然、こんなぶっちゃけた口調ではありませんが。
もちろん、ある程度のチェックはします。ソフトの欠陥は、チェック時間をかければかけただけ
見つかります。なので、ある程度期間を区切って、その期間内に大きな問題が出なかったら
それで「OK」として発売するわけです。このチェックのことを「デバック」といいます。

コンピュータっていうのは、1つのことしかできません。プログラムにしたがって
「0」か「1」かを判断するだけです。自身で「危機管理」なんぞできるはずもなく、
そのやり方を人間がプログラムで指示しないとだめなわけです。
つまり、開発時にプログラマーがすべての「危機」を想定してプログラムを書かないと
だめなわけで、そんなもんすべて網羅できるはずありません。WINDOWSなんて何億人という
人が使うんですから、誰がどんな環境でどんな使い方をするかなんて
すべて想定できるわけありません。なんで、WINDOWSはやたら「バグ」が多いわけです。
あこぎな商売してますが、「バグがある」という点では、
誰もマイクロソフトを攻めることはできません。

欠陥がある。そういった覚悟の上でコンピュータを使いましょう。
[PR]

# by sherpa_kl250 | 2005-04-24 18:58 | 戯れ言

ブログ始めました

とりあえずブログっつーもんを始めてみた。

なんかややこしくてよくワカランかった。
しかもほとんどがMac非対応だもんなぁ。

で、ダメもとで、ヤフーで作ってみた。
ヤフーならすでにユーザーID持ってたし、
新しく登録しなくていいしね。

で、上手いこといっているみたいだ。

さて、立ち上げてみたのはいいけれど、
問題はどこまで続けることができるのか。

なんかここまでで、かなりの労力使ったし。

では。
[PR]

# by sherpa_kl250 | 2005-04-23 16:12 | 戯れ言