阪急沿線住民の戯れ言


とある大阪の猛牛軍団
by sherpa_kl250
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 07月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
青春18きっぷの冬期利用..
from 「ま、それはさておき。」
梅小路鉄道博物館だって
from 「ま、それはさておき。」
ガメラ:深海獣零号(レイ..
from ガメラ医師のBlog
平野恵一
from あわおこしにっき
アジアシリーズについて最..
from よし君のニュース日記
女子バレー フジテレビ関..
from 女子バレーボール 多治見麻子..
上岡龍太郎
from いま人気のコトバとは?
横山ノックさんに70人最..
from 最新芸能ニュース速報
人生が変わる
from たった1日で
キャッチボール屋
from DVDジャンル別リアルタイム..
リンク
アユタヤ 旅行

タイの旅行情報
タイの旅行情報
ライフログ
その他のジャンル
TEST
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

博多8時17分発みずほ600号新大阪行

e0050226_831388.jpg




福岡でのライブを終えて、オールナイトカラオケで夜を明かし、
一睡もせずにみずほへ乗車。

ここから新大阪まで爆睡です。
[PR]

# by sherpa_kl250 | 2015-08-02 08:31

新大阪9時59分発鹿児島中央行きさくら551号

e0050226_106161.jpg



さくら号で西へ。
さくら号の指定席は選ぶ価値アリです。
[PR]

# by sherpa_kl250 | 2015-08-01 10:06

アコースティックライブ田中珈琲店24杯目

先週の話になりますが、ちょっと東京まで足を延ばしてました。
今回の上京はいつものバファローズ観戦遠征やWake Up,Girlsのライブではなく、
下北沢で行われた「田中珈琲店」というアコースティックライブです。

この田中珈琲店について記述する前に、
90年代に活躍した「Melody」というアイドルユニットについて
説明しておきます。
Melodyというと、世代によって思い浮かぶアーティストが異なりますが、
ワタクシの場合は、アイドルユニットの「Melody」となります。

10代後半から20代前半にかけて好きだったアイドルユニットで、
当時は、Bing系と言われるアーティスト全盛時代であり、
その中でパッと花を咲かせていた
数少ない3人組アイドルユニットでした。
初めて知ったのが確かSPA!か何かの囲み記事の1つに
彼女たちが掲載されており、そういえばアイドル雑誌にも
ちょくちょく出ているな~と思って目をつけたのがきっかけ。
ワタクシはこの3人組ユニットの「赤色担当(?)」の
田中有紀美さんのファンで、
当時はライブには行けなかったものの、
雑誌やCDをチェックしていました。
ただ、Melodyの世間的な知名度はそれほど高くなく、
大学のツレに「Melodyの田中有紀美が可愛いねん!」って
言ってもほとんど通じず、さらに、当時はネットもなく、
情報を集めるにはかなり積極的に動かなくてはならず、
どこかのタイミングで情報が途切れてしまい、
Melodyのチェックが中断。
(Melodyが1997年に解散したのも、結構あとで知った)

そして、00年代にアイドルの存在に抵抗を覚えて
「アイドルのおっかけ」という行為から完全に
離れた時期があったため、Melodyについても
ワタクシの記憶から消え去っていったのです。

さて。

改めて「田中珈琲店」ですが、
この元Melodyの田中有紀美さんが
「店長」となって開催するライブ。

実は田中有紀美さんが今でも歌手として活躍していたことを知らず、
宍戸留美さんのTwitterでそれを知り、
そのことをツイートしたらご本人からのリプライをもらい、
そこで約20年ぶりにMelodyを思い出したわけです。
今でも歌い続けていることを知ってからは、
昔の曲を改めて聞き直し、当時は買えなかったCDも
Amazonで探し当てて購入。
今の歌も買い揃えて聞き始めたわけです。

そんなとき、「田中珈琲店」のライブで
Melodyのメンバー若杉南さん(黄色担当)を
ゲストに迎えて歌うという情報が飛び込んできて、
Melody現役時代は聞けなかった田中有紀美さんの生の歌声が聴ける、
しかも土曜というので、その日の予定をすべて飛ばして上京し、
参加したわけです。


で、その結果なのですが…。

それがライブの評価としてふさわしいかはともかく、
めちゃめちゃ「笑った」内容でした。
決してお笑いライブでもないし、田中有紀美さんは歌手なのですが、
アイドル時代と変わらないふわふわした空気感と、
どこか間の抜けたトーク、それに対する楽器担当の鋭いツッコミなど
歌がメインのライブなのに、店長を中心としたメンバーの
醸し出す雰囲気が楽しく、ほっこりふわふわな感じで、
終始笑い、そして心和んだ気分で終わりました。
ライブといえば「Oi! Oi! Oi! そーれそれそれ」みたいな
大声を出して飛び跳ねるものしか知らなかったので、
この雰囲気はホンマに新鮮でした。

当然、歌の方もきちんと聴かせてくれ、
さらに懐かしいMelodyのナンバーも披露。
特にMelody時代の曲はアップテンポなナンバーが多く、
当時のはやりのアレンジなので電子音をガンガン響かす曲のため
アコースティックライブでどう演奏するんだろうと思いつつ
聴いていたら、アレンジも上手くまとまっていて、
懐かしさと新しさが見事に混合し、
癒やし、和み、笑い、そして歌声が満載な「ナウ」な魅力を
感じることが出来、本当に楽しい時間でした。

継続は力なり、といいますが、
こうして昔から今へ繋がり、
昔の思い出にかぶさるように今の出会いが重なりあい、
それがきっかけとなって新しさを感じさせてくれました。
そして、Melodyのファンだったからこそ
このライブの存在を知ることができ、
また、田中有紀美さんがずっと歌い続けていてくれたから
このような「出会い」を見つけられたわけです。

当時、まわりにMelodyを知ってる人は皆無で、
語り合うこともできず寂しい思いをしていたんですが、
時を経て、田中珈琲店という楽しい時間を体験できたことで、
改めてMelodyというアイドルユニットのファンでよかったな、
と思ったライブでした。
[PR]

# by sherpa_kl250 | 2015-07-11 21:24 | 戯れ言

羽田6時30分発伊丹行きJAL101

e0050226_605244.jpg



早朝便で帰阪。
[PR]

# by sherpa_kl250 | 2015-07-05 06:00

伊丹空港11時30分発羽田行きJAL114

e0050226_11123367.jpg


ちょっと東京へお出かけです。
[PR]

# by sherpa_kl250 | 2015-07-04 11:12

「Wake Up,Girls」という声優ユニット

最近はブログも書かず、
主に移動ログばかりだったので、久々に更新。

GWの台湾行きを除き、最近、
ちょくちょく東京に行っているのが
見受けられたと思いますが、これは、今一番ハマっている
「Wake Up,Girls」(以下、WUG)という声優ユニットの
イベントに参加するためです。

ハマったきっかけは、去年末のライブビューイング。
http://sherpa250.exblog.jp/22665111/

その時にWUGの魅力に取りつかれてしまったわけですが、
それ以降、イベントにもちょくちょく参加するようになり、
ライブも見に行ったりと、精力的に動いているわけです。
正直なところ、声優さんのアイドル的活動には否定的だったんですが、
WUGと出会ってからは、その考えは代わり、
しっかりとパフォーマンスさせ見せてくれれば、
声優だろうと、本職のアイドルだろうと関係ないわけです。

ただ、このWUGの場合はちょっと変わっていて、
アニメと実際の中の人がリンクしてパフォーマンスを行い、
アニメで感情移入したキャラとリンクさせて
入れ込むことができるというのが面白い点であり
(実際に中の人とアニメのキャラはそれ相応に違いはあるのですが)、
この作品の魅力とWUGというユニットを
惹き立たせているのではないかと思います。

他の声優ユニットが中の人と楽曲だけで勝負しているのに対し、
WUGは、そこに「アニメのストーリー」という
もう1枚のフィルターをかませることができ、
そのため、アニメの前知識があると、中の人に対して、
自分なりのストーリーを重ねることができ、
イベントなどでその姿を見るほど、深入りしていくわけです。

そして、このWUGは、メンバー1人1人の個性を
全面的に出してきており、また、7人というメンバー数から、
ファンに対しても印象が薄くならず、
かつ、濃くなりすぎず、そして把握しやすいと
いい塩梅でメンバーのキャラを押し出せているのも魅力でしょう。

AKBの全メンバーのキャラを理解して、応援している人は
探せばいるでしょうが、そのような人は少数派だと思いますが、
WUGのファン(ワグナーという)は、皆、そのあたりも
理解した上で、誰が推しである、と語っています。

今のアイドルの代表的存在であるAKBが
AKBという「ブランド」を前面に出し、
1人1人のキャラを薄めることで、集合体としてのブランド化を
推し進めて魅力を高めているのに対し、WUGは個性を押し出して
それを伸ばしながら魅力を高めているわけです。

昔のアイドルユニット、特に90年代の
CoCoやRibbon、Melodyあたりがそうであったように、
ファンがメンバー全員のキャラを認識した上で、
どの子がお気に入りかを選べるわけです。
(地下アイドル界とかは今もその路線ですが、ひとまずおいておきます)

そのせいか、メンバー内でのファンの偏りもあるのが
少し難点ではあるのですが…。

ただ、やはり、90年代のアイドルに触れていた人は
むしろそのほうが心地よく、ワグナーの年齢層が
若干高めなのも、そういったことが起因しているのかもしれません。

前のブログでも書きましたが、アニメとして致命的なまでに
作画の出来がよくなく、また、アニメ界隈でもマイノリティの範疇であるため、
それほど注目はされてはいないですが、WUGのメンバーたちの
活躍を見れば、今後、伸びていくことは確実だと思います。
ただ、それについては、どうプロデュースしていくか、ですけどね。

今のWUG運営を見ていると、どのように売り出していくのか、
売りだして行きたいのかが全く見えず、
とりあえず「ヲタや声豚(声優にハマる人)に金使わせろ」みたいに
堂々とソロバン弾くような売り方しかしていないのが
見え見えなので、本当に育てる気があるのか、そこがワグナーとして
若干疑問を感じぜざるを得ない点ではあります。

どのようなユニットとして今後、WUGを発展させていくのか、
そこを明確にした上でプロデュースしていくのであれば、
堂々とソロバン商法に出るのもアリかと思います。

でも、そこが見えないから、パフォーマンスの対価として、
お金を払うことに少しずつながらも疑問を持ち始めて来ているわけです。

最近は企業の経営でもスピード感重視になり、
「育てる」という観点が全くないので、
アイドルだから長い目で育てる、という視点がなくても
経営面からは当たり前なのかもしれませんが、
それでも、ワグナーを期待させるような、
しっかりと先をみたプロデュースをしてほしいと思います。

ちなみに。
いい歳して、声優の追っかけやってるの?
という世間の冷たい目線は認識してます。
それにめげないよう、常識を持ちつつ細々とやっていますので、
暖かく見守っていてください…。

[PR]

# by sherpa_kl250 | 2015-06-02 00:02 | 戯れ言

羽田9時30分発JAL111伊丹行き

e0050226_9115184.jpg


東京で用事があったので、
羽田経由の際内乗り継ぎにして、
いよいよ今回の旅のラストフライト。

台湾は楽しかったけど、
現地での3連休にぶち当たり、
鉄道の切符が取れなかったのが
一番しんどかった。

西回りは新幹線があるものの、
東回りは花蓮と台北間が完全にボトルネック。
おかげで予定していた台湾一周は断念して、西回りで高雄からもどってきました。

次に行くときは気をつけよう。
[PR]

# by sherpa_kl250 | 2015-05-05 09:11

台北松山8時45分発羽田行JL096

e0050226_9231990.jpg


初めての台北松山空港、そして、初めての国際線の羽田行き。

今回の台湾旅、初めて一度も雨に降られなかったです。
これは大変珍しいんですが、逆に暑い日差しで溶けそうでした。
[PR]

# by sherpa_kl250 | 2015-05-04 09:23

関西9時5分発JL813台北桃園行

e0050226_8421858.jpg


それでは出発!
[PR]

# by sherpa_kl250 | 2015-04-30 08:42

新大阪駅6時17分発はるか1号関西空港行

e0050226_621984.jpg


ちょっと国外逃亡してきます。
[PR]

# by sherpa_kl250 | 2015-04-30 06:21